本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【ランナーズonline】「陸上を一億円稼げるスポーツにしたい!」原晋監督の原点は中国電力営業マン時代

ライバルは野球やサッカー、マラソンをメジャースポーツにしたい、というのが原監督の目標だ

ライバルは野球やサッカー、マラソンをメジャースポーツにしたい、というのが原監督の目標だ


青山学院大学を箱根駅伝で5回の優勝に導いた原晋監督が今月、クラブチーム「絆RC(ランニングクラブ)」を立ち上げました。このクラブはアスリートのセカンドキャリアなどを支援する一般社団法人「アスリートキャリアセンター」の活動の一環で、ニューイヤー駅伝を目指すトップレベルの市民ランナーとともに、地域に根差したクラブとして一般の市民ランナーも対象にしています。
これまでも「ライバルは他大学ではなく、サッカーや野球」と語っていた原監督。ランナーズの取材に対して以下のように力説しました。

「少子化が進む中、陸上競技が発展するためには他のスポーツに負けず、多くの子どもに陸上競技が魅力あるものだと伝え、選んでもらわなくてはいけません。そのためにはランニング文化のすそ野を広げることが必要です。絆RCでは週末に市民ランナーが集える、そしてトップチームは実業団を引退したようなランナーたちがそれでもトップレベルを目指して走れる場所にして、市民ランナーの会員にそれを応援してもらうというヨーロッパ型のクラブにしたいんです。
私は陸上競技にはまだまだ可能性があると思っています。私が青山学院大学の監督になった当時より箱根駅伝の注目度はかなり上がりました。しかし、もっともっと業界全体を盛り上げたい。そうすることで陸上競技に関わる雇用も増え、関係者全体の働き口も広がるのです。こうした考えは、私が現役を引退し、中国電力の営業マンだった時の経験が元になっています。当時はオール電化住宅に関わりましたが、自社の製品を売るだけでなく、オール電化そのものをどう普及させるかを考えてPRしていました。その時、ゼロから物事を作り上げて普及させていくのは面白いと感じたんです。まずはこのクラブから、陸上関係者にとどまらない大きな波を作っていきたいですね」

5月21日(金)発売のランナーズ7月号では、原監督が選手引退時に感じたこと、現在の指導で行っている取り組みなど、さらに詳しいインタビュー内容を掲載します。






本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去10年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント