本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【ランナーズonline】コロナ禍の前橋・渋川シティマラソンは「2日連続ハーフ!」

桜が残るコースを力走するランナーたち

桜が残るコースを力走するランナーたち


4月17日(土)~ 18日(日)に第8回前橋・渋川シティマラソンが開催されました。
同大会は群馬県前橋市の「ヤマダグリーンドーム」を発着とする3000人規模のフルマラソンでしたが(他種目あり)、新型コロナウイルスが蔓延する今年は、前橋市と渋川市に周回コースを設置し、4月17日(土)に前橋コース(※)、翌18日 (日)に渋川コースを走り、2日間で42.195km完走を目指す、という形となりました(17日もしくは18日のどちらか1日を走るハーフマラソンの部も開催)。
また、ランナーが一斉にスタートする局面を作らないため、たとえばAブロックのランナーは7時~7時30分の中で自由な時間にスタートすることができる、という形式がとられました。

写真は18日(日)の「渋川コース」を走るランナーたち。会場の「渋川市総合公園」は伊香保温泉を上った標高600mに位置します。桜が残る園内に設置された3.5kmの周回コースは起伏が多く、さらに風が強く吹いたため、苦痛に顔を歪めながら脚を動かすランナーの姿を多く見かけました。ゴール後の取材では「2日連続でハーフを走るのは初めての経験。日曜はスタートの時から脚が重かった」「コースで渋滞ができないので、走りやすかった。コロナが収束しても、草レースのような大会があると良い」などの声が聞かれました。

主催者の前橋市陸上競技協会副会長の近藤美明さん(68歳)は亜細亜大学在学中に箱根駅伝に3回出場、59歳の時のサロマ湖100kmウルトラマラソンを9時間50分49秒で完走した経験を持つランナーです。今回の「開催」についてこのように語りました。
「『2年連続中止になったら、大会が忘れられてしまうかもしれない』『ランナーにとってゼッケンをつけて走る大会はやっぱり特別』という想いがあって、できる形で開催しようと準備を進めてきました。『一般道を走ることはできない』『前橋と渋川で開催する』などの条件の中で思いいたったのが2日連続でハーフを開催する今回の形です」

さらにこう続けます。
「この1年間は、手作りの大会をやっていこう、ということでサイクリングコースを走る大会などを前橋市内で開催、実業団『ヤマダ電機』の元監督に講演をしてもらうこともありました。今後は何か特徴がなければ大会にランナーが集まらないと思っています。群馬の観光資源を存分に活かしたり、子どもから大人まで幅広い層が集まるような、地域の特徴がより出た大会を模索します」

※「前橋コース」は前橋総合運動公園内に設置された周回コース


近藤さん

近藤さん

写真/青山義幸






本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去10年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント