本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【週刊ランナーズ】コロナ禍で初サブフォー! TeamR2が語る「私たち、コロナで速くなりました!」

名古屋ウィメンズマラソンで初サブフォーをしたTeamR2の中嶋麻衣子さん

写真/小野口健太

新型コロナウィルスが発生してから1年が経過、宮城県の感染者増加により5月に予定されていた仙台国際ハーフマラソンが中止となりましたが、去る3月14日(日)には名古屋ウィメンズマラソンが、各地では全日本マラソンランキングの対象となる「Trial Marathon Series」が開催されています。
ランナーズ編集部に少なからず届いているのが「コロナで速くなった!」というランナーの声です。

ランニング親善大使「TeamR2」のメンバーは名古屋ウィメンズマラソンで出走8人中3人が自己ベスト。
スポーツトレーナーの尾藤朋美さん(30歳)は2時間59分24秒で初サブスリー、中学校教員の中嶋麻衣子さん(37歳)は3時間50分11秒で初サブフォーをしています。

尾藤さんは昨年末に神奈川・芦ノ湖から東京・大手町までの100㎞以上をひとりで走り、昨年5月に過去最高の345㎞を走ったという中嶋さんはこう語ります。
「この1年間を振り返って感じるのは、今まではレースのためだけに走っていた、ということです。サブフォーという目標に向かって、仕事や家事、子育ての合間に『この時間に走らなきゃ』『距離が短いからスピードを上げよう』という意識が強かった。これはこれで充実していましたが、最近は『30分でこんなところまで来られた』といった具合に、走っている最中のちょっとしたことに喜びを覚えています」。

4月22日発売のランナーズ6月号ではコロナで速くなったランナーたちを大特集。全員に共通していたのは「速くなることは、人生が変わること」です!


「TATTAサタデーラン出走無料券付き!」ランナーズ5月号キャンペーン開催中!

発売中のランナーズ5月号をRUNNETでお買い求めいただいた方には、本誌を「送料無料」「TATTAサタデーラン出走無料券付き」でご自宅にお届けします。
特集企画「気分爽快♪ 今春は坂を駆け下る!」のほか、「コロナ禍の今、現在絶好調!」と語る猫ひろしさんのロングインタビューも注目です。




本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去10年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント