本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

「お尻を使う走り」で最後まで粘れるのはなぜ?

うまく「お尻を使って」走ることはランナーにとってとても大切なことと言われています。

そのお尻を構成しているのは、大臀筋、中臀筋、小臀筋という筋肉群。

これらはランニング時、ハムストリングス(太ももの裏側の筋肉)などとともに、股関節を伸展させ、脚を前に進ませるための役割を担います。そのため、重心をお尻で支え、臀筋群をしっかり使えなければ、推進力をスムーズに生み出すことはできません。

また、お尻の筋肉をうまく使えず、身体にブレが生まれてしまうフォームで走り続けると、ふくらはぎや、足底筋などに、過度な負荷がかかってしまいます。それらの筋肉が限界を迎えたときに「痛み」が発生してしまうのです。

「お尻を使って」走れていないことが、下肢や足底の痛みの一因になっていて、実際にお尻を鍛え、お尻を使って走ることを意識することで、それらを克服することにつながる例が多いようです。

そして忘れてはいけないのが、臀筋群には「赤筋」が多く含まれている、ということ。瞬発系の運動で使われるのが「白筋」であるのに対し、持久系の運動の際には「赤筋」が多く使われます。「赤筋」が豊富に含まれた筋肉を鍛えることは「ゴールまで粘れる身体をつくる」こととイコールなのです。

※月刊ランナーズより抜粋





月刊ランナーズ1年分の定期購読に加え、過去10年分のデジタル版読み放題、
会員限定「ハウツー動画」閲覧など、お得なサービス盛りだくさん




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント