本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

レース前、練習量を減らす勇気が出ない……?

レース当日が近づいてきたら徐々に練習量を控え、疲労抜きをして本番に備える、というのが一般的に言われるレース前対策。

しかし、「直前の一週間ほとんど練習をせずレースに臨んだら、本番で中盤から急に失速してしまった」といった経験をし、次のレースを前に思い切って練習量を減らしていいのか、減らしたらまた練習不足の結果を招いてしまうんじゃないか……、と悩ましく思うランナーも多いようです。

そんな人は、レース直前練習量を減らすことに罪悪感を覚えるのではなく、本番のために「エネルギーを貯める」という前向きな考え方をしてみましょう。

レース前に疲労を抜くと、以下のような効果が期待できます。

★血液中の酸素運搬能力が上がり「ランニングエコノミー(効率よく走れること)」が改善する。

★使われるグリコーゲンが減るので、筋グリコーゲン(筋肉を動かすエネルギー)が貯蓄される。カーボローディングも併せるとさらに効果的な「エネルギーの貯蓄」ができる。

★ハードな練習からの解放による心身のリフレッシュ、精神的なリラックスによって本番で集中力が向上する。

なお、疲労を抜くには練習の強度(ペース)を維持したまま、量(距離)を減らすのが効果的です。

レース前に積極的に休養をとる「疲労抜き」=「エネルギーを貯める」こと。この発想に転換できれば、休むのが怖くなるはずです。

※月刊ランナーズより抜粋




月刊ランナーズ1年分の定期購読に加え、過去10年分のデジタル版読み放題、
会員限定「ハウツー動画」閲覧など、お得なサービス盛りだくさん




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント