本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

レースでのガス欠には高脂肪食が効果的!

フルマラソンに出場する際、いわゆる後半に失速する「エネルギー切れ」の対策のために、カーボローディングを意識して炭水化物を多めに摂取することもあるかと思います。

そこでレース当日に食べるものとしておすすめなのが、普段は体重などを気にして我慢していることも多いであろう、クリームパンやロールケーキなどの脂肪分を多く含む食べ物です。

ランニングのエネルギー源である炭水化物(グリコーゲン)と脂肪(遊離脂肪酸)は、体内のさまざまな条件によってそのエネルギーとしての利用比率が変わります。
運動前に脂肪の多い食事をすると、優先的に有離脂肪酸がエネルギー源として利用されるため、マラソンでは、特に前半でグリコーゲンを節約することができます。

つまり、レース終盤まで、体力を温存することができるのです。

マラソン当日の朝食で、いつもはドレッシングをかけるサラダにマヨネーズをかけたり、パンにオリーブオイルをかけたり、多めにバターを塗ることでも同じような効果が期待できるでしょう。

もちろん、ふだん食べつけない脂っこいものを食べて気持ちが悪くなったのでは本末転倒です。事前に何度かトライするなどして、レースに悪影響が出ない範囲で取り入れてみましょう。

※月刊ランナーズより抜粋




月刊ランナーズ1年分の定期購読に加え、過去10年分のデジタル版読み放題、
会員限定「ハウツー動画」閲覧など、お得なサービス盛りだくさん




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント