本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

レース前日までにできる!不安つぶし対策

マラソンレースを前にして、次々に湧き上がる不安の数々。できるだけの対策をして臨めば、安心感も違うというものです。

たとえば、コースの下見。
初めて走るコースは、距離が長く感じてしまう錯覚に陥りやすく、無駄に疲れを感じてしまうかもしれません。下見をしておくのが理想ですが、難しい場合は、大会HPに掲載されているコース動画、もしくはコースマップから照らし合わせたルートを地図検索サービスなどでチェックしてみましょう。
10km、20km、30km地点の景色や、どんな建物がまわりにあるかだけでも確認しておくと、当日走っていて心の余裕が違ってきます。

そして体調面です。
緊張して前日眠れなかったらどうしよう、と心配する人もいるかもしれません。人は横になって静かにしていれば身体を休めることができ、仮にひと晩眠れなくてもフルマラソンであれば十分に走り切ることができます。大きく構えておきましょう。睡眠薬や寝酒を飲むのはおすすめできません。

また、カーボローディングを試みて体重が増えてしまった、と心配になる場合もあるでしょう。
1kg程度であれば適性体重をオーバーしていても大丈夫です。むしろ身体が重いことで、レース序盤のオーバーペースに陥りにくいというメリットもあります。

また、レース当日の朝に確実にトイレを済ませられるかという不安の声も多いもの。
実はトイレ対策もトレーニングのひとつと言われます。日頃から、何を食べたら身体にどんな反応が出るかを知っておくよう意識しましょう。また、ロング走の練習日など、レースに似た状況で身体の反応を試すことで、トイレ問題を解決するヒントが得られるはずです。

事前につぶせる不安はひとつでもつぶし、より落ちついてレース当日を迎えられるようにしましょう!

※月刊ランナーズより抜粋




月刊ランナーズ1年分の定期購読に加え、過去10年分のデジタル版読み放題、
会員限定「ハウツー動画」閲覧など、お得なサービス盛りだくさん




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント