本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【週刊ランナーズ】箱根駅伝、駒沢が13年振り優勝! 「温情で4年生を起用することはしなかった(大八木監督)」

第97回箱根駅伝東京・大手町スタート

第97回箱根駅伝で東京・大手町からスタートする21チームの選手たち


1月3日(日)13時過ぎ、例年であれば二重三重の人垣ができる読売新聞本社前に日本テレビの実況中継だけが鳴り響く――。
第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(以下、箱根駅伝)は沿道での応援自粛が呼びかけられ、各中継所は無観客で開催された。
昨年春の緊急事態宣言中には陸上部の寮を一時解散して選手全員が実家に帰省したり、夏合宿を行うことができなかった大学もあった。

学生アスリートが異例づくしの競技生活を送る中で迎えた今年の大会を制したのは駒沢大学だった。10区で3分以上の差を逆転し、13年振りの総合優勝。大八木弘明監督(62歳)が「若い力で挑んだ」と語った10区間の構成は1年生3人、2年生3人、3年生3人、4年生1人である。

大八木監督はレース後の記者会見ではこう語った。
「箱根駅伝を経験した4年生もいたが、ケガで悩んでいた。来年も見据えて若い力を試したいと思い、4年生と下級生が同じ調子であれば下級生を(メンバーに)起用した。温情で4年生を起用したこともあったが、情で失敗したこともある」

13年振りの優勝については、
「優勝できない時期は(自身の指導法は)古い考え方なのか? 選手との接し方をどうするのか? と模索した。年とともに身体が動かくなくなって練習を自転車で追走するのをやめた時期もあった。ただ今年の4月からは朝練習もずっと自転車でついた。そういうものが子ども(選手)たちに伝わったのかもしれない」


優勝のゴールテープを切る駒大・石川選手

最終10区で3分19秒差をひっくり返してゴールテープを切る駒大・石川拓慎選手(3年)

(写真:北川外志廣、青山義幸)


※このレースの記事が掲載されるのは「月刊ランナーズ2021年3月号」。また、「ランナーズ+メンバーズ」ではこの号も含め、過去10年分のランナーズがデジタル版で読み放題です。お申し込みは↓から!


年会費7800円 ランナーズ+(プラス)メンバーズ始動!




記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント