本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

週末ランナーは「+平日1日」でダイエット効果UP!

生活習慣病(高脂血症・高血圧・糖尿病)の改善にランニングで成功する人の共通点は「平日1日でも走る時間をつくれるか」にあるといいます。

「早食い・ドカ食い・ながら食いが多い」「就寝前の2時間以内に夕食をとる日が週3日以上ある」「夜食や間食や多い」「朝食を抜きがち」・・・これらはメタボリックシンドロームになりやすい生活習慣のチェック項目の一部。働き盛りの40~50代はとくに、仕事を優先した不規則な習慣を変えられない、という悩みが多いようです。

しかし生活習慣病は、文字通り「生活」を変えることで改善します。
ランニングという運動自体でのカロリー収支はたいしたことはありません(体重70㎏の人が30分で5km走っても350キロカロリー)。
しかし、仕事がある平日の朝や夕方に30分の走る時間を入れ込むためには、起床、食事、退社時間、就寝のタイミングなどへの意識をしなくてはなりません。ウエアに着替えて走ろうとするその行為自体で、生活の中に新しいリズムが生まれるのです。その変化が定着するだけで、平日1日走るのを増やすだけでも、たいていの人は体重が2~3㎏落ちるといいます。

ダイエットを目指す「週末ランナー」で、思うように体重が落ちないという人は、ぜひ平日に1日以上、ランニングの時間をつくることを試してみてください。

※月刊RUNNERS 2015年1月号より抜粋





記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント