本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

タイムのためにも「日焼け予防対策」を

自分は肌を焼いても気にしないから日焼け止め対策はとくにしない、むしろカッコよく焼きたい、というランナーもいるかもしれません。

しかし長時間のトレーニングで夏の強い日差しを浴び続けると、体力を奪われ、疲労につながることがあります。無防備な日焼けによる思わぬ疲労によって、気づくとタイムが落ちていた、ということもあるでしょう。

日焼けで肌の細胞が傷つくと、活性酸素が体内で発生し、体内の抗酸化ビタミンを減少させます。そのビタミンの減少こそ、疲労の原因になるのです。

そのビタミン減少を阻止できるのが、日焼け止めクリーム。とくに抗酸化ビタミン配合で、SPF30以上のものがおすすめです。もちろん、日ごろからビタミン豊富な食べ物を摂取することも、肌の抗酸化を内側から助けてくれるでしょう。「肌も大事だけれど、それ以上にタイムのために日焼けを予防する」。ランナーには、そんな考え方もあるのです。

また、日焼けは軽いやけど状態を意味するので、皮膚表面の水分量が低下して気化熱が機能しにくくなり、体温調節もむずかしくなります。日焼け予防は、間接的に熱中症の予防にもなっているのです。

※月刊ランナーズ2011年7月用より抜粋





記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント