本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

飲み過ぎると危険も。「給水の明暗」とは?

給水を疎かにすると脱水症状の危険に直結するのはランナーにとってはご存じの通りですが、夏を迎えるにあたってさらに知っておきたいのは、給水には「明暗のポイント」があるということ。

たとえば、給水所や練習コースの水道水などは、「飲む」以外に活用することでさらに効果的に予防できます。

それは首や肩、胸や太腿に水を「かける」こと。
汗と同じように気化熱を利用して体温を下げることができるため、コップ1杯分程度の量でも十分な効果が期待できるでしょう。

一方、給水の仕方によってはデメリットが生じることも。
走り始めて30分から1時間ほど経過すると、血液の多くが筋肉に流れることで、消化器官系の活動が弱まります。そのタイミングで一度に多量の給水を行うと、胃や小腸の消化液が薄まって吸収力がダウン。ふだんお腹にトラブルのないような人でも、吐き気や下痢を催し、皮肉にも脱水症状を助長してしまう場合があるのです。

脱水や熱中症を防ぐために、疲れや渇きなど、自分の身体の変化をよく知って過信しないことが大切ですが、それでも不安な場合はウォーターローディングがおすすめ。レースやロング走などの練習日の前には、3日前からいつもより500ml多く水分を摂取しましょう。熱中症の回避に効果があります。

※ランナーズ2011年7月号より抜粋





記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント