本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【週刊ランナーズ】外出自粛中のランナーは、絶対「自宅で筋トレ!」

柳先生も仕事の合間に実践中。この姿勢で20秒静止して、股関節を伸ばす


各地のレースが相次ぎ中止になり、東京都内では週末の不要不急の外出を避ける要請が出された今こそ、「ひとりランニング」そして「自宅でできる筋トレ」に取り組んでみてはいかがでしょうか?
写真で股割りをしているのは、40代でランニングを始め、51歳の時に初サブスリーをした経験を持つ、柳鍼灸院院長の柳秀雄先生(現在53 歳)。筋トレについて次のように語ります。
「アメリカンフットボールの世界では〝power comes from hip〟という言葉がよく使われます。パワーを生みだすのはお尻だ! を意味する言葉ですが、股関節と近い部分にあるお尻(大臀筋、中臀筋)と腸腰筋を鍛えて柔軟性を高めることは、股関節を使って走ることにもつながります」
ランナーの方々にお勧めしたいのが、現在発売中のランナーズ5月号ポスター付録「毎朝3分行いたい、ランナーのための日替わり股関節エクササイズ」を自宅の壁に貼って活用すること(柳秀雄先生監修)。誰もが簡単に実践することができる計7種目を紹介しているので「筋トレは三日坊主になりがち……」という方も継続できる可能性〝大〟! 最近加齢の影響を感じている、というランナーは実践必須です。

また、ランナーズ5月号では「新型コロナウイルス」に関する特集を掲載。「ランナーはコロナに、負けない!」では走ることによって免疫力が高まる理由をランナー医師が解説、「レースがなくても太陽を浴びながら外を走ろう」で金哲彦さんが持論を展開、「大会殿に一言申す」では大会中止&返金なしが続いた主催者へのランナーからの意見を掲載しています(2月27日~3月4日にランネットで「大会中止に関するご意見」を募ったところ、2011件の回答がありました。その一部を誌面で掲載しています)。

ランナーズ5月号の購入はRUNNETとAmazonがお勧めです。送料無料、注文から数日以内にご自宅に届きます。





年間9860円(直近実績)が8600円に! 定期的にランナーズを購入している方は価格がお得で、発売日までに確実に雑誌が届く定期購読がお勧めです。RUNNETSHOPのクーポンなど、定期購読者限定の特典も複数つきます。


特別企画「春夏秋冬30km走」では、年間を通じて30km走を行うことの健康効果を紹介します

特別企画「春夏秋冬30km走」では、年間を通じて30km走を行うことの健康効果を紹介します



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント