本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【週刊ランナーズ】2020年の新習慣に! 「ランナーの就寝前5分間ストレッチ」

見事なまでの「身体の柔らかさ」を披露してくれたのは、ランナーズ表紙モデルの出岡美咲さん(29歳)。気温マイナス30℃の北極マラソンを完走した経験を持つランナーで、最低でも1日5分は必ずストレッチをしていると言います。

このストレッチのポーズは1975年にアメリカで刊行された『ストレッチング』という本の表紙と同じもの(下)。
普段多くのランナーが何気なく行っているストレッチは、ボブ・アンダーソンさんというアメリカのランナーが『ストレッチング』を刊行することで世界的に広まったのです(販売部数は世界で20万部)。
ランナーズ1982年2月号でボブさんは「ストレッチングは緊張を取り、リラックスして自分の身体を知るために行うものだ。だから、これは誰にでも必要で気持ちが良いものなのだ。ストレッチングが嫌という人は、正しいやり方を知らず無理をするからだと思う」と語っています。

現在発売中のランナーズ2月号のポスター付録では「就寝前に5分行うだけ」で疲労回復や故障予防に抜群の効果がある、6種目の〝ランナーのストレッチ〟を紹介。
就寝前5分間のストレッチを2020年の習慣にしてみてはいかがでしょうか?!


1975年にアメリカで刊行された『ストレッチング』(ボブ・アンダーソン著)

1975年にアメリカで刊行された『ストレッチング』(ボブ・アンダーソン著)

美しいフォームはストレッチの成果!? ランナーズ2月号の特集は「加齢に勝つストレッチ」です

美しいフォームはストレッチの成果!? ランナーズ2月号の特集は「加齢に勝つストレッチ」です


ランナーズ2月号の詳細はこちら

※Amazonからもご購入いただけます

●年間8600円「特典付き」ランナーズの定期購読はこちらから
https://runnet.jp/book/subscribe/



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント