本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【週刊ランナーズ】防府マラソンで2時間54分をマークした64歳の地元放送局監査役 「坂ばかり走っていたら、筋トレなしで脚筋力がついた」

12月15日に山口県防府市で防府マラソンが行われ、3083人のランナーが参加しました。

今年で50回目を迎えた同大会の参加資格は「マラソン4時間以内」。川内優輝選手や実業団ランナーなどトップ選手も多数参加しました。防府市内を巡るコースの高低差は10m以下。ゴールは防府スポーツセンター陸上競技場です。
「苦しさがピークを迎える35km過ぎはちょうど防府駅前で応援が多く、それが励みになり、何とか最後まで粘ることができました」
と話すのは、地元の放送局で監査役を勤める武末博明さん。昨年のこの大会で、63歳にして初サブスリー(2時間58分37秒)を達成し、64歳の今年は2時間54分12秒とさらにその記録を伸ばしました。

「54歳の時に東京マラソンで初めて3時間10分を切り(3時間7分)ましたが、そこからなかなかタイムが伸びず、一時は3時間10分も切れなくなりました。2年前から『月刊ランナーズ』の坂道走を特集した記事がきっかけで、ジョグ(10~15km)の時には常に坂道を走るようになりました。細かなアップダウンから、600m以上続く長い坂まで、様々な坂を走ります。下りはちょっとしたスピード練習になりますし、何よりも筋トレをやらなくても脚筋力がつき、レース後半に失速しなくなりました」

現在は平均月間300km走り、年に3~5本はフルマラソンを走るといいます。
「48歳になる年の正月、年男になった時に『干支がもう一回りしたら還暦だ、その時も趣味のゴルフを楽しめるほど健康でいられるだろうか』と思うようになり、タバコをやめて走り始めました。身体は健康になりましたが、マラソン中毒というやっかいな病にかかり、結局ゴルフはあまりできていません(笑)」

完走者数は2735人、完走率は88.7%でした。

(ランナーズ編集部)

防府市スポーツセンターソルトアリーナ前をスタートするランナーたち。スタート時の気温は14℃だった

防府市スポーツセンターソルトアリーナ前をスタートするランナーたち。スタート時の気温は14℃だった

武末さんは60代の年代別優勝「週1回、土曜日にはランニング仲間と、周南緑地公園で練習会。レース前には30km走やスピード練習を行っています」

武末さんは60代の年代別優勝「週1回、土曜日にはランニング仲間と、周南緑地公園で練習会。レース前には30km走やスピード練習を行っています」

写真提供:大会事務局



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント