本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【週刊ランナーズ】四万十川ウルトラマラソンで女子の大会新記録 優勝者は「2日連続で50km峠走」

10月20日(日)に、「四万十川ウルトラマラソン」(高知県)が行われ、1795人(100kmの部)が四万十川沿いを走る高低差約600mのコースを駆け抜けました。

「地元の中高生やお年寄りの応援が本当にあたたか。四万十川にかかる沈下橋からの景色も雄大で、5年連続で参加しています」と話すのは、千葉県の船橋市役所に勤務する仲田光穂さん(30歳)。仲田さんは、100kmの部で7時間52分22秒の大会新記録をマーク。従来の記録を10分54秒更新しての優勝でした。
「大会前は、埼玉県の奥武蔵グリーンラインで、約50kmの峠走を4回行いました。9月は2日連続で行ったことも。これまで100kmでは、後半脚にきて失速することが多かったのですが、この日は最後までペースを維持することができました」

完走者数は1270人、完走率は70.8%でした。

(ランナーズ編集部)

沈下橋を走るランナー。100kmの部は、5~6月の申込期間に、3752人がエントリーした(定員1800人/倍率2.08倍)

沈下橋を走るランナー。100kmの部は、5~6月の申込期間に、3752人がエントリーした(定員1800人/倍率2.08倍)

ゴールテープを切る仲田光穂さん(フルマラソンベストは2019年大阪国際女子の2時間51分)

ゴールテープを切る仲田光穂さん(フルマラソンベストは2019年大阪国際女子の2時間51分)



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント