本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【週刊ランナーズ】終始風速8mの向かい風が吹きつけた「わっかない平和マラソン」 「風に心を折られないように、真夏の30km走でメンタルを鍛えました」(女子優勝・兼重志帆さん)

9月1日(日)に、北海道稚内市で「日本最北端わっかない平和マラソン」が行われ、フルマラソンの部には682人が出走しました。
日本最北端の碑がある「宗谷岬」をスタートし、「稚内港北防波堤ドーム」前にゴールする海沿いのワンウエイコース。ランナーたちには終始風速8m近い向かい風が吹きつけました。

2時間46分10秒の大会新記録で女子の部を制した兼重志帆さん(東京・30歳)は「強い向かい風を受け続ける大会、と聞いて興味がわき、参加を決意。向かい風の中を走り続けるような練習はできませんが、強風で心を折られないように、7~8月は暑い中でも25~30km走を3回実施し、メンタルを鍛えてきました。それでもベスト記録(2時間36分37秒)から10分遅れ。立ち止まりたい、と思った回数はこれまでのレースの中で一番多かったですが、走り切れた達成感も一番でした」

男子優勝は川内優輝選手で、2時間20分28秒の大会新記録。完走者数は595人、完走率は87.2%でした。

(ランナーズ編集部)

午前9時に宗谷岬をスタートする選手たち。先頭を走る川内優輝選手は2年連続の参加

午前9時に宗谷岬をスタートする選手たち。先頭を走る川内優輝選手は2年連続の参加

「わっかない平和マラソン」はマラソンチャレンジカップ加盟大会。大会新記録で優勝した兼重さんは賞金10万円を獲得。「10万円は新しいシューズの購入費にします(笑)」

「わっかない平和マラソン」はマラソンチャレンジカップ加盟大会。大会新記録で優勝した兼重さんは賞金10万円を獲得。「10万円は新しいシューズの購入費にします(笑)」



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント