本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【週刊ランナーズ】アップダウンの火祭りロードレース 優勝者は「30km走を5回して脚筋力とスタミナをつけました」

8月25日、山梨県の富士北麓公園陸上競技場を発着点として火祭りロードレース(ハーフなど)が開催されました。標高1000m前後と平地より気温が低めながら、300m以上の高低差があり「脚力が必要」と多くの参加者が語る同レース。今年はハーフに1804人が出走し、1793人が完走しました。

このレースを1時間12分7秒で優勝したのは、小田原市役所に勤務する樽木将吾さん(28歳)。「過去3回10kmの部で3位だったので、初めて優勝できてうれしいです」と話しました。

樽木さんは國學院大學出身で陸上部は1年生で退部、以後は自身で練習を考えながら走り続けています。フルマラソンの自己ベストは2時間21分56秒(2018年福岡国際)。現在は仕事後に10~14km走っているといい、月間走行距離は約420km。今回のレースに向けては、6~8月に30km走を5回行ったそうです。

「タフなコースなので普通のハーフマラソン以上に脚筋力やスタミナが必要だと思い、6月1回、7月に3回、8月に1回30km走をしました。また、相模原のクロスカントリーコースで走ったり、2日に1度は練習前に体幹の筋トレを10分間行うなどして筋力を強化してきました。その成果か、レースでは後半の上りでスパートでき、自分の思っていた以上のタイムで走ることができました。10月に子どもが生まれる予定ですが、うまく練習時間を捻出して12月の福岡国際マラソンでは2時間20分を切りたいと思います」

(ランナーズ編集部)

優勝した樽木さん

優勝した樽木さん



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント