本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【週刊ランナーズ】柴又100K優勝者は「毎日22km帰宅ラン」

5月19日、東京都葛飾区の柴又公園を発着点とする100kmウルトラマラソンの「柴又100K」が開催されました。江戸川河川敷を50km上流へ進み、同じ道を折り返すコースで行われ、今年は後半50kmが向かい風というレースになりました。
このレースを7時間27分13秒で優勝したのは、静岡県から参加した曽宮道(そみや とおる)さん(39歳)。4月のチャレンジ富士五湖(7時間21分12秒)に続き、ウルトラ2回目で2連続の優勝でした。
「レース当日は母の68歳の誕生日でした。優勝をプレゼントできて良かったです。」

曽宮さんは高校まで陸上競技部に所属。その後は競技から離れ、30歳を過ぎてからランニングを再開。初マラソンだった2012年の京都マラソンで2時間48分を記録しました。その後、2015年に静岡に転居したことが走力アップのきっかけになったといいます。
「職場が家から約22kmになったので、ほぼ毎日帰宅ランをするようになりました。時には最後の数分間ペースを上げたり、上り坂でペースアップしたり、動きを変えることで筋肉に刺激を入れるようにしています。終盤に峠を越えるコースのためきつい時もあるのですが、毎日のように続けることでスタミナ養成につながっていると感じます。フルマラソンは昨年12月の福岡国際マラソンで出した2時間22分36秒が自己ベスト。ウルトラマラソンの経験も活かし、今年はさらに記録を縮めたいと思っています。」

現在発売中のランナーズ7月号には「30㎞帰宅ラン」の方法や効果も掲載。
ぜひチェックしてください!

(ランナーズ編集部)

ゴールテープを切る曽宮さん。前半3時間15分で折り返し、後半苦しみながらも逃げ切った

ゴールテープを切る曽宮さん。前半3時間15分で折り返し、後半苦しみながらも逃げ切った



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント