本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【週刊ランナーズ】長野マラソンで日本人トップ(5位)の木下裕美子さん 「父の手作りコース」で始めたクロカン練習を20年継続

4月21日(日)に長野マラソンが行われ、善光寺や、長野五輪会場だった「エムウェーブ」前を走るコースを、9493人(完走者数8112人/完走率85.5%)が駆け抜けました。

女子では『月刊ランナーズ』でもお馴染みの木下裕美子さん(32歳)が2時間36分28秒で日本人トップの5位。
「長野は年によって暑かったり、寒かったりするのですが、今年はこれまで6回走った中で最高のコンディション(主催者発表ではスタート時は気温10℃、無風)。『木下頑張れー』と名前を呼んでくれる人も多く、応援に背中を押されて、自己ベスト(2時間34分)に近いタイムで走ることができました」

南長野運動公園のゴールを笑顔で駆け抜けた木下さん

南長野運動公園のゴールを笑顔で駆け抜けた木下さん

長野マラソンに向けては、日常的に代々木公園でクロカン走に取り組む他、3月には埼玉県にある森林公園(東京ドームの約65倍の敷地面積)で2泊3日のミニ合宿を2回行ったという。
「この公園はクロカンコースを長くとることができます。1km×7本のインターバル走や、25km走などもクロカンで行いました。脚作りになる他、走るだけで自然と動きが良くなると感じています。1月末に走った大阪国際女子マラソンの疲労や脚の痛みもあり、2月中はほとんどジョグしかできない練習不足の中、長野で最後まで粘れたのは、この効果もあったのでしょう」

こうしたクロカンでのトレーニングは「もう20年近く続けている」と話してくれました。
「きっかけは中学生の時。市民ランナーの父が故障しないようにと、自宅近くの河川敷の草を刈って約400mのクロカンコースを作ってくれたんです。当時はよく父と一緒にそこを走っていました」

現在では木下さんがコーチとして、市民ランナーを対象にしたクロカン練習会を月に2回程度実施。代々木公園を走る練習会は、平日の朝7時開催にもかかわらず、40人近く集まる時もあるそうです。

※木下さんがコーチを務めるクロカン練習会「木下裕美子の代々木公園クロカン部」(代々木公園/朝7~8時)はe-moshicomから申し込むことができます(定員になり次第締切)。
https://moshicom.com/user/7422

(ランナーズ編集部)



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント