本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【週刊ランナーズ】ハセツネ30Kで吉田香織さんのコース記録を更新した北海道・旭川の医大生

3月31日(日)に「ハセツネ30K」(東京・32㎞)が行われ、1648人のランナーが早春の奥多摩を駆け抜けました。
同大会は10月に行われている「日本山岳耐久レース 長谷川恒男CUP」(ハセツネ/71.5㎞)の入門大会。男子1000位以内、女子100位以内には、秋の本大会への優先エントリー権が付与されます。秋川渓谷発着で、醍醐峠や今熊山をめぐるコースの高低差は約550m(累積標高は約1600m)。2009年に第1回大会が行われ、今年で11回目の開催となりました(第3回大会は震災の影響で中止)。

女子では、さいたま国際マラソン日本人トップ(2015年)などの実績を持つ吉田香織さんのコース記録を9秒更新する3時間9分10秒で、北海道・旭川の医大生・高村貴子さん(26歳)が優勝。
「2月に国家試験があったため、年明けからはあまり練習がつめませんでしたが、勉強の気分転換も兼ねて、マイナス10℃以下の雪道を走っていました。序盤に10㎞近く続くロード中心の上りがきついのですが、ボランティアの人たちの温かい応援が本当に励みになりました」
翌日の4月1日からは長野県の病院で研修医として勤務しながら、秋のハセツネ本大会や海外のスカイランニングレースに出場を予定しているという。
「高校の陸上部の練習で股関節を痛めた時、医者からは『休みなさい』しか言われませんでした。その時の私のように、もっと走りたい、という想いを抱えた人の気持ちに寄り添える医師を目指しています」

3時間9分10秒でゴール。高村さんは秋のハセツネでも3連覇中。

3時間9分10秒でゴール。高村さんは秋のハセツネでも3連覇中。
「医者になったら、マラソン大会やトレイルレースでの医療支援にも携わりたいです」と話してくれた
(写真は芥田晃志さん提供)

12㎞付近の山道を上るランナー

12㎞付近の山道を上るランナー

(ランナーズ編集部)



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント