本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【週刊ランナーズ】鳥取マラソンの女子「総合」優勝は60歳!(3時間12分) 畑仕事で筋トレ、坂ダッシュでスピードを鍛える

3月10日(日)に、12回目となる鳥取マラソンが行われました。
当日は小雨が降り、スタート時の気温は11℃。鳥取砂丘や鳥取城跡など、史跡名勝を巡るワンウエイコースを3717人が走りました。
女子の総合優勝は3時間12分44秒でゴールした60歳の中田弘美さん。

「優勝は自分でもびっくり。序盤でトイレに行ってしまい、少し時間をロスしましたが、当日ゲストで来られていた中村勘九郎さんが、大河ドラマ『いだてん』でやっていたスッスッハッハッ(2回吸って、2回吐く)という呼吸法を試してみたらリズム良く走れ、どんどん抜いていくことができました」

中田さんは静岡県浜松市在住。午前中は主に家事や畑仕事(1時間程度)を行い、忙しい合間を縫って30~60分ほど走りに出かけます。

「自宅が山の近くにあり、走るコースも坂だらけ。月間走行距離は300kmほどです。畑仕事は全身を使うので、普段あまり使えていない筋肉にも刺激が入る感覚があります。もしかしたら、これもランニングに役立っているのかもしれませんね」

午後1時30分から5時30分までは介護施設で事務仕事。それが終わると、職場の近くにある坂道で100m×10本の坂ダッシュを行います。

「自宅の近くは夜になると熊が出るので(笑)、5kmほど離れた職場の近くで行います。スピード練習はなかなかできませんが、100mだけならそこまできつくはありませんので。鳥取マラソンには序盤・中盤・終盤にきつい坂がありますが、この坂ダッシュや、普段からアップダウンを走っていたおかげで、そこまで後半失速せずに走ることができました」

完走者数は3459人、完走率は93.1%でした。

「1位を走っているとは全然わからず、最後にゴールテープが出た時は『うそ』と思いました」(中田さん)。2017年度の全日本マラソンランキングでは、58歳1位(3時間5分2秒)だ

「1位を走っているとは全然わからず、最後にゴールテープが出た時は『うそ』と思いました」(中田さん)。2017年度の全日本マラソンランキングでは、58歳1位(3時間5分2秒)だ

日本海をバックにスタート。男子では高山直哉さんが10年ぶりに大会記録を更新する2時間22分23秒をマークし、MCC(マラソンチャレンジカップ)からは賞金10万円が贈られた

日本海をバックにスタート。男子では高山直哉さんが10年ぶりに大会記録を更新する2時間22分23秒をマークし、MCC(マラソンチャレンジカップ)からは賞金10万円が贈られた



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント