本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【週刊ランナーズ】レース中、気温は18.6℃まで上昇 春の陽気の別大マラソン

2月3日(日)、大分県の別府湾沿いを走る「別府大分マラソン」が開催され、参加資格の3時間30分を突破した3484人のランナーが出走しました。

昨年は当日朝に雪が降り、スタート時の気温は4℃でしたが、今年は12.6℃。ランパン、ランシャツなど軽装のランナーが目立ち、レース中は18.6℃(気象庁発表)まで上がりました。「ここ4年では一番良い記録(3時間22分32秒)が出た」と話すのは、『ランナーズ』でもお馴染みのドクターランナー・福田六花先生(53歳)。

「暑さはそんなに気になりませんでした。(例年強く吹きつける)風もそこまでではなく、走りやすいコンディションだったと思います。昔は2時間50分を切ったランナーや実業団選手しか出られないTVの中の大会でしたが、(2011年に参加資格タイムが緩和したことで)自分もそこを走れるとあって、感慨もひとしおです」

制限時間の3時間30分まで残りわずかになると、先にゴールしたランナーたちはトラックの第1コーナーからカーブにかけてズラリと並び「いけるいける」「あと2分!」と見ず知らずのランナーにも声援を送っていました。

優勝は2時間8分35秒のヒシャム・ラクーアヒ選手(エチオピア)。日本人選手では4位の二岡康平選手、5位の橋本峻選手、6位の岩田勇治選手の3人が2時間10分を切り、今年9月に行われる東京五輪マラソン選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)の出場権を手にしました。

(ランナーズ編集部)

高崎山・うみたまご前をスタートするランナーたち(写真/平野雅之)

高崎山・うみたまご前をスタートするランナーたち(写真/平野雅之)



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント