本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【週刊ランナーズ】牛久シティマラソン10km年代別優勝のコーチが語る 「10kmは持久力を伸ばすのには最適」

1月14日に茨城県牛久市で開催された牛久シティマラソン。
このレースの10km男子40~49歳の部を33分16秒で優勝したのは、筑波大学で運動生理学を学んだ半田佑之介コーチ(41歳)でした。
自身もトレーニングの一環として出場したという半田コーチは「10kmレースはフルマラソンにも効果的」と語ります。

「今回のレースは最初から呼吸が乱れ、とにかくつらかったです。でも、ひとりではとてもここまで追い込めないので良いトレーニングになりました。10km走のペースは乳酸が急激に増加し始める付近のペースなので、『持久力を伸ばす最適なトレーニングのひとつ』と言われています。心肺機能や脚筋力が鍛えられて、マラソンペースでの余裕度が上がり、フルの後半も粘れるようになるんです。
実は、1964年東京五輪のマラソンで銅メダルを獲得した円谷幸吉さんも、週1回『20分持続走(全力走)』という10km走に近いメニューをこなしていました。とはいえ、週1回は精神的にも肉体的にもかなりハード。フルマラソンに向けては月1回程度、きつくても楽しめる10kmレースに参加することをお勧めします!」

1月22日に発売する月刊ランナーズ3月号の別冊付録「1冊まるまる 今日から始めるスピード走」では、10km走に加えて50mダッシュや1km走などの詳しい方法、効果を紹介しています。

(ランナーズ編集部)

自己ベストは2時間22分の半田佑之介コーチ
自己ベストは2時間22分の半田佑之介コーチ


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント