本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

「ゆずれ~る」やレイトエントリーでより多くの人が大会に出場できるように!

日本のランニング大会の多くはエントリーが早く、半年も前に締め切ってしまう大会もあります。仕事などの予定が立たず、申し込めない人もいれば、抽選大会で落選した後、ほかの大会にエントリーしようとしても、申し込める大会がなくなってしまうというケースも。

一方、エントリーはしたものの、大会までの長い間に出場できなくなる人も当然います。
大会の多くは、エントリー数の10%程度が大会当日出走できないと見込んでいるとか。
RUNNETには、出場できなくなった人の権利を、ほかのランナーに譲る「ゆずれ~る」というサービスがあります。
年々導入大会も利用者も増えており、2017年は536大会、7435人のランナーが利用しています。

石川県金沢市の宮田彰仁さん(45歳)も「ゆずれ~る」を利用したひとり。
「金沢マラソンをメインに1年間練習してきたものの落選してしまい、目の前が真っ暗になりましたが、すでにエントリーが終了している富山マラソンに『ゆずれ~る』が出ていることに気づき、エントリーし、無事フルマラソンに出場することができました」

今年は福知山マラソンや富士山マラソンで、いったん締め切った後に再度募集するレイトエントリーが実施され、ランナーに好評でした。
少しでもエントリーしやすい環境をつくり、より多くのランナーに出場してもらうためにも、エントリーの仕組みや運用を柔軟に見直す必要性が、ますます高まっているのではないでしょうか?


通常のエントリーが締め切られた後でも、「ゆずれ~る」マークが出ていると、出場権を譲ってもらえる可能性があるので諦めないで

通常のエントリーが締め切られた後でも、「ゆずれ~る」マークが出ていると、出場権を譲ってもらえる可能性があるので諦めないで



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント