本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

コラム

COLUMN

【週刊ランナーズ】約1万2000人の日本人が出場したホノルルマラソン! 女子3位(日本人1位)は雪国・秋田のランナー

12月9日(日)にホノルルマラソン(ハワイ)が行われ、今年は約1万2000人の日本人が参加(フル全体では約2万5000人)。
スタートはまだ暗い朝5時。花火とともにアラモアナ公園をスタートし、世界的に有名なダイヤモンドヘッドやワイキキビーチを走ります。
2時間47分53秒で女子3位(日本人トップ)に入ったのは、秋田県在住の鈴木絵里さん(34歳)。ホノルルには今年で7年連続の参加です。

「時差が19時間。到着が現地時間で早朝なので、飛行機の中ではとにかく寝て時差調整。気温差も私が住んでいる秋田からだと30℃近くあり、身体にはけっこうきついレースです。でもゴールした瞬間に、また来年も走りたくなる大会。外国のランナーと一緒に走れるのはもちろん、スタート前にアメリカ国歌が流れたり、応援もがんばれではなくGood jobだったり、日本の大会には無い雰囲気の中を走れるのが楽しいんです。例年、一関国際ハーフなど副賞にホノルルへの派遣がある大会で優勝し、参加しています。そのために、平日も朝と夕方、1日2回で、月間450~500km走り込んでいます」

カピオラ二公園のゴール。「心臓病のリハビリと予防のためには、LSD、フルマラソンを走るのが良い」(大会HP)、という考えに基づき始められたため、ゆっくりランナーでもゴールできるように、制限時間が無いのもホノルルの特徴(写真/ホノルルマラソン日本事務局)

カピオラ二公園のゴール。「心臓病のリハビリと予防のためには、LSD、フルマラソンを走るのが良い」(大会HP)、という考えに基づき始められたため、ゆっくりランナーでもゴールできるように、制限時間が無いのもホノルルの特徴(写真/ホノルルマラソン日本事務局)

女子3位に入った鈴木絵里さん。日本人トップはこれで5回目(写真/GettyImages)

女子3位に入った鈴木絵里さん。日本人トップはこれで5回目(写真/GettyImages)


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント