本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】四万十川ウルトラ優勝の大林僚さんはリレーマラソンのイベントディレクター

10月21日(日)に高知県で四万十川ウルトラマラソンが行われ、2341人(100km、60kmの部)のランナーが出走。大林僚さん(愛知県・33歳)が6時間52分16秒で2年ぶり2回目の優勝を果たしました。
「サロマ湖100kmに出場してから体調を崩し、7月は全く走れなかったのですが、8月は毎週末40km走を行い、9月16日(日)には歴史街道丹後100kmウルトラマラソンの60kmの部に出場して、調整してきました。普段は出社前に、16~20km走るのが日課です」
大林さんは愛知県にある公共施設等の管理を請け負う会社に勤務しており、施設を活用したイベント企画を担当しています。

「9月22日(土)に行われた『刈谷100Kウルトラリレーマラソン』は、私が発案し、運営も手掛けてきました。ウエーブスタジアム刈谷という陸上競技場の400mトラックを250周して、100kmをリレーマラソンでつなぐという大会です。ランニング教室もよく行っており、私自身がコーチとして、参加者の皆さんを指導することもあります」

3年前には、ランナーズマイスターの中級資格を取得。
「マラソン教室で、参加者の質問に上手く答えられないことがあり、きちんとした知識を身につけたいと思い、受講しました。浅井えり子さん(ソウル五輪女子マラソン代表)の動き作りはとても参考になったので、ランニング教室でも紹介したり、私自身もトレーニングに取り入れるようになりました」

60km過ぎから独走となり、6時間台でゴールした大林さん。フルマラソンでも2時間28分台のベストタイムを持つ

60km過ぎから独走となり、6時間台でゴールした大林さん。フルマラソンでも2時間28分台のベストタイムを持つ

記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント