本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】ボストンで川内優輝選手をサポートしたブレット・ラーナーさんは筝(そう)奏者として来日した自己ベスト2時間34分のカナダ人

ボストンマラソンロゴ入りの特製ケーキを前に微笑むラーナーさん
ボストンマラソンロゴ入りの特製ケーキを前に微笑むラーナーさん

ボストンマラソンで川内優輝選手をサポートしたブレット・ラーナーさんの祝賀慰労パーティーが、4月30日(月・祝)に東京都渋谷区で開かれました。大学・実業団の指導者や市民ランニングクラブのコーチなど、ランニング界の関係者が多数集まり、31年ぶりの日本人優勝という川内選手の快挙を支えたラーナーさんを労いました。
これまで多くの日本人選手の海外マラソン大会への出走交渉や、現地でのアテンド役を務めてきたラーナーさん。自身もフルマラソンで2時間34分(2006年別大)のベストタイムを持つカナダ出身のランナーです。

マラソンを走りたい、と思ったのは、10代の頃。1992年のバルセロナ五輪男子マラソンで森下広一選手と韓国のファン・ヨンジョ選手の一騎打ちをテレビで見たことがきっかけでした(ファン選手が金、森下選手は銀)。大学生の時に初マラソンを走り、その後、ニューヨーク・シティやボストンも完走。ボストンにはボランティアとして参加したこともありました。

1997年には筝奏者として来日。日本のレースに次々に出場し、東京の代々木公園を拠点に活動するランニングクラブ「ハリアーズ」ではコーチも務めました。2008年からは「日本の素晴らしいランニングカルチャーを世界に発信したい」と、WEBサイト「JAPAN RUNNING NEWS」を立ち上げ、英語で日本の駅伝やマラソンを紹介。すると海外のマラソン大会事務局から、日本人を大会に呼べないか、という相談が次々に舞い込むようになりました。
2009年のコペンハーゲンマラソンを皮切りに、日本のトップ選手、学生、市民ランナーの海外マラソン挑戦をサポートしています。

パーティーでは、ボストンマラソンのスタート直前、川内選手にこんな言葉をかけたことを教えてくれました。
「川内さん、あなたはこの日のために生まれてきた――。いつもはもっと当たり障りのないことを話すのですが、この日はなぜかこの言葉が頭に浮かんだんです」
『月刊ランナーズ』7月号(5月22日発売)では、川内選手のインタビューに加え、川内選手の海外遠征をサポートしてきたラーナーさんの手記も掲載予定です。ぜひご一読下さい。

パーティー会場にはボストンマラソンの優勝カップも展示されていた

パーティー会場にはボストンマラソンの優勝カップも展示されていた

パーティーでスピーチするラーナーさん

パーティーでスピーチするラーナーさん

(ランナーズ編集部 栗原)

記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント