本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

ランナーズonline

RUNNERS ONLINE

【週刊ランナーズ】ハイテクハーフを64分で圧勝! 大阪マラソンでも2位の池上さんはベジタリアン

2018年1月17日

「前半は向かい風の影響があってあまりペースが上がりませんでしたが、集団から出て自分のペースで走った後半10kmは10kmの自己ベスト(29分44秒)を上回る29分35秒で走ることができました。4月のフルマラソンに向けて順調に来ていることを確認できました。次のフルマラソンでは優勝したいと思っています」

こう話すのは、1月14日(日)のハイテクハーフを1時間4分39秒で優勝したプロランナーの池上秀志さん(24歳)。昨年11月の大阪マラソンで2時間13分41秒の2位に入っており、この日も現役大学生らが出走する中、後続を約1分突き放す走りでした。

そんな池上さんは、肉や魚は食べない「ベジタリアン」。普段の食事は、自分で調理し、外食の際も防腐剤や保存料が入っている食材は極力避けるそうです。
「高校生のころから食に興味があり、1日2食にするなどいろいろな方法を試していました。現在のような菜食主義になってからは精神的な波がなくなり、練習や勉強を集中してできるようになったと感じています。きつい練習の途中にうまく走れなくても、気持ちを切り替えて残りのメニューをこなせるようになりました」

こういった食事内容や影響を受けたというオーストラリアの世界的名指導者、パーシー・セラティについて、池上さんと山西哲郎先生が話し合う企画が1月22日(月)発売のランナーズ3月号に掲載されます。ぜひお楽しみください。

後半ペースアップして独走した池上さん(1046)  写真/室伏那儀

後半ペースアップして独走した池上さん(1046)  写真/室伏那儀

(ランナーズ編集部 行場)


ランナーズ8月号 6月21日発売!


大特集 ハーフマラソンを走ろう!
&2023年度ハーフマラソン1歳刻みランキング

昨年から月刊ランナーズ誌上に上位100位の氏名を発表しているハーフマラソン1歳刻みランキング。2023年度は前年度より25多い109大会がランキングの対象大会となりました。100位以降の方もRUNNETで自身の順位を検索可能。
確認後は、来年の順位アップを目指して全国のハーフマラソンにエントリーしませんか?


暑さを味方にする練習法
今夏は「サンセットロング走」

例年通りかそれ以上の暑さになると予想されている今年の夏。
そんな夏でもロング走を継続したいと考えている皆さんにお勧めなのが、夕方以降に行う「サンセットロング走」です。
東京五輪にも関わった暑熱対策の専門家やサブスリー気象予報士、ランニングコーチが夕方にロング走をすることの利点やそれによって得られる効果を説明します。

特別対談
藤原新(ロンドン五輪代表)&宮原徹(富士登山競走大会記録保持者)
「山を走ると本能がリセットされる」

ロンドン五輪代表の藤原新さん(スズキACヘッドコーチ)と富士登山競走大会記録保持者の宮原徹さん(滝ヶ原自衛隊)は長崎県立諫早高校時代の先輩と後輩。
当時から山を走っていたという2人が山の魅力を語り合いました。



本誌購入は年会費7800円「ランナーズ+メンバーズ」がお勧め!

「ランナーズ+メンバーズ」は毎月最新号が自宅に届く(定期購読)だけでなく、「デジタルで最新号&過去12年分の記事が読み放題」「TATTAサタデーランが年間走り放題」「会員限定動画&コラム閲覧可」のサブスクリプションサービス! 年会費7800円の超お得なプランです。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ