本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】川内鮮輝さんが福岡国際で2時間18分の自己ベスト 「兄にも驚かれました(笑)」

12月3日に開催された福岡国際マラソンでは注目された大迫傑選手が3位で2時間7分19秒(日本歴代5位)を記録、川内優輝選手は2時間10分53秒で9位でした。
このレースで自己ベストを約4分更新し、2時間18分47秒で29位に入ったのが川内選手の弟の鮮輝さんです。100kmウルトラマラソンの日本代表を目指し、2016年春に仕事を退職、現在は競技に専念している鮮輝さんは、2週間前に神戸マラソン(2時間23分14秒で8位)を走ったばかり。記録更新の理由を聞きました。

100kmに取り組み20kmジョグでは疲労がたまらなくなった

「今回の結果には自分でも驚きました。レース後、兄の優輝に報告すると『え? お前が?』といわれました(笑)。この記録更新には100kmウルトラに取り組んでいる効果が大きいと感じています。10月15日は四万十川100kmに出場して優勝(6時間42分6秒)。その6日後に5000mに出ると14分53秒で走れました。さすがに負荷が大きかったですが、タフになったことを実感しました。11月19日の神戸マラソン後は1000m×3本(2分50秒)や15kmペース走(キロ3分21秒)、5km走(15分28秒)をこなしてきました。他の日は20kmジョグで、練習を軽くしたのは福岡国際マラソン前日のみです。ウルトラを走るようになってから20km程度では疲労がたまらず『走りを整える』という感覚になっているんです。レースでも前半から想定以上のペースながら35km以降も崩れずに走り切れました」

100km世界記録も視野に

「今の一番の目標は2018年のサロマ湖100kmウルトラで上位に入り、日本代表になることです。ただ、今回の結果で今後のビジョンが変わりました。今シーズンはこれから勝田、北九州、東京、古河はなももの4つのマラソンに出場予定なので、2時間15分を目標にしたいと思っています。そこまで記録が伸ばせれば、100kmでも世界記録(6時間13分33秒)が夢ではなくなるのではないかと考えています」

福岡国際マラソンでラストスパートをかける川内鮮輝さん
福岡国際マラソンでラストスパートをかける川内鮮輝さん


(ランナーズ編集部 行場)


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント