本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】全日本大学駅伝優勝の神奈川大学
8年前の「箱根駅伝予選落ち」なくして今は語れない

「あって当たり前だった箱根駅伝が、挑戦できない対象となってしまった。もう2度とチャレンジが許されない4年生……その無念さを下級生に共有させることが、箱根への想いを更に強くする。それを今、しっかりと植え付けたいと思っている」
2009年10月17日に開催された「箱根駅伝予選会」、1997~98年に2連覇を果たした神奈川大学が18年振りに箱根駅伝出場の権利を失いました。その直後からの1年間、ランナーズでは同大学の大後栄治監督に原稿を執筆いただきました。連載初回に綴られたのが冒頭の一文です。

「今後どのような要素の練習が必要なのかを考えた。それはエースの存在の大きさである。『2区もしくは5区に、確実に区間上位で走れる選手がいる』という事実は他選手の『心のゆとり』を生む。選手のプレッシャーは、箱根駅伝の注目度の上昇とともに高まっているからこそ、心のゆとりの必要性も高まっているのだ(中略)。」
2010年1月2~3日に開催された第86回箱根駅伝、大後監督は予選で敗退した大学の選手で結成する「関東学連選抜」の監督として、運営管理車から全10区間を見届けました。その直後に綴ったのがこの一文です。

それから約7年が経過した2017年1月2日の箱根駅伝、神奈川大学は高校時代に無名だった鈴木健吾選手(現4年生)が各大学のエースが集う「2区」で区間賞を獲得しました。そして11月5日(日)の全日本大学駅伝では、実に20年振りの優勝を果たしました。

ランナーズでは、大後監督が綴る挑戦記を、2017年5月号(3月22日発売)から再び連載しています。「成功体験を捨てられず、なかなか自己否定をできなかった(11月6日の産経新聞)」という報道コメントの詳細が、選手のエピソード等とともに綴られたような内容です。
「大後監督の指導論や葛藤をもっと知りたい」「箱根駅伝をより面白く観戦したい」という方は是非、お手にとってみてください。

ランナーズバックナンバー 一覧 >>

鈴木健吾選手は夏に開催されたユニバーシアードのハーフマラソンで銅メダルを獲得している(写真提供/神奈川大学陸上競技部)

鈴木健吾選手は夏に開催されたユニバーシアードのハーフマラソンで銅メダルを獲得している(写真提供/神奈川大学陸上競技部)

(ランナーズ編集部 黒崎)


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント