本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】フルマラソンに効く「週末ドカ走り」って何だ?

「勝負レースの前は、30km走で終わらせず、必ず40km走を行っています」と話すのは、T.T-アスリートクラブの堤健至さん(フルマラソン2時間34分)。その目的は、フルマラソン30km以降の身体の状態を脳に覚えさせること。
「30km以降は、それまでが嘘のように苦しくなる『別世界』。その状態をレース直前の2カ月間で1度でも体感しておかないと、本番で脳が『これ以上頑張ると身体に危険が及ぶから、ペースを落とそう』という指令を出してしまいます。だから31km以上走ることが大切なのです」

練習で1度にそんなに走れない! という人は、2日間に分けて31km以上走ってもOKです。現在発売中の『ランナーズ』12月号では、これを「ドカ走り」と定義し、フルマラソンを控えたランナーにお勧めの週末トレーニングとしてご紹介しています。この秋に目標達成を狙っている人は、ぜひご一読ください。

ランナーズ12月号

『ランナーズ』12月号では、Mr.ドカ走りコーチの堤さん 指導のもと、一般ランナーによる「実験隊」が、ドカ走り を試してみました
『ランナーズ』12月号では、Mr.ドカ走りコーチの堤さん
指導のもと、一般ランナーによる「実験隊」が、ドカ走り
を試してみました


フルマラソンレースを使ったドカ走りもおすすめ

「フルマラソンレースを、ドカ走り代わりに使うのももちろんOK。私も勝負レースの福岡国際(12月第1週)の前は、大阪マラソン(昨年まで10月最終週)をドカ走り代わりに使っていました」
 と話す堤さん。
 やってみたいけど、年内は1大会しかエントリーしていない、というランナーに注目して欲しいのが、富士山マラソン(山梨県/11月26日開催)。11月16日(木)まで、レイトエントリーを受付ています。

10月のフルマラソンで目標達成を逃した人は、そのレースをドカ走りの一環と捉え、11月の富士山マラソンで再度記録にチャレンジできます。

エントリーはこちらから

富士山と河口湖の雄大な景色が魅力の富士山マラソン。まだまだエントリー受付中
富士山と河口湖の雄大な景色が魅力の富士山マラソン。
まだまだエントリー受付中


(ランナーズ編集部 栗原)

記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント