本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】老いも若きも「筋トレ」は大事! 全日本マラソンランキング91歳の部1位の上野山馨さんは1.5kgの重りを脚につけ、毎日、もも上げを6000回! (レース期はなんと、3万回)

5月22日にランナーズ7月号が発売されます。7月号といえば、別冊付録「全日本マラソンランキング」。今年は本誌・付録連動企画「寝ても覚めても全日本マラソンランキング」として、各年代の注目ランナーを取材し、14ページにわたって特集を掲載します。

その冒頭を飾るのが、和歌山県有田市在住、91歳の1位の上野山馨さん。
上野山さんは2016年の神戸マラソンを6時間34分36秒で完走されています。毎日午前2時から3時間走を行っており、帰宅後は両脚に1.5kgの重りをつけ、もも上げを左右それぞれ6000回。レース時期にはなんと、3万回。これには恐れ入りました。

神戸マラソン後に大会事務局から年代別1位の表彰を受けた 2017年の大会は「招待選手」として出場する
神戸マラソン後に大会事務局から年代別1位の表彰を受けた
2017年の大会は「招待選手」として出場する

そこで次号のランナーズ8月号では、老若男女のランナーにおける「筋力トレーニング」の必要性について考えてみます。トレーナーの梅原望さんによると、筋トレには「筋出力」と「筋持久力」の2つを高める目的があるといいます。

パフォーマンスを高めたい。後半の失速を極力防ぎたい。ケガなく走り続けたい。
どれも我々ランナー共通の願いですが、少しでもその必要性を分かりやすく、また取り組みやすい誌面づくりを心掛けていきます。下記7月号の特集はもちろん、少し気の早い話ですが、6月22日発売予定のランナーズ8月号もお楽しみに!


みかんの特産地である有田市。定年後に先代から受け継いだ「みかん農家」を始めた上野山さん。日頃の畑仕事、収穫作業も筋トレ(基礎体力強化)の一環となっている(袋の中身は10kg・合わせた箱の中は30kg!)


■2017年ランナーズ7月号

特集「寝ても覚めても全日本マラソンランキング」コンテンツ

1. 最年長91歳の部1位 上野山馨さん(和歌山県)
「モットーは丈夫で長生き、健康一番。午前2時からの3時間走が日課」

2.80歳の部1位 小口親司さん(長野県)
「親子逆転の師弟関係で同時ランクイン。コーチは息子の秀哉さん(53歳の部5位)」

3.62歳の部1位 阪本茂樹さん(群馬県)
「62歳で初サブスリー」の理由を分析

4.
長年のライバル①
78歳の部1位 中橋富雄さん(奈良県)
79歳の部1位 間瀬康裕さん(大阪府)

長年のライバル②
45歳の部1位 田尻貴雄さん(大阪府)
45歳の部14位 千代岡克典さん(大阪府)

5.46歳の部1位 松本恭子さん(千葉県)
「1日3回の筋トレを行う多忙ママさんランナー」

6.52歳の部2位 久保田文さん(沖縄県)
「南十字星を見ながら、周囲9kmの竹富島で月間400km」

7.79歳の部1位 東嘉子さん(和歌山県)
「肩の腱が断裂した2週間後にフルマラソン完走」

8.69歳の部34位 新里泰邦さん(岡山県)
「13年連続ランクイン」

(ランナーズ編集部 車谷)


関連記事

記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント