本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

週刊ランナーズ

WEEKLY RUNNERS

走る仲間のスポーツ・マガジン「月刊ランナーズ」編集部スタッフが走って取材したランニング情報!

【週刊ランナーズ】東京マラソン4時間16分の中野陽子さん 81歳の目標は世界記録

多摩川の河川敷を颯爽と走る中野陽子さん(81歳)は、71歳の時、初めてフルマラソン(ホノルルマラソン)に出て4時間44分で完走しました。ランニング歴は10年。その間にフルマラソンをはじめ、トラック競技にも挑戦し、マスターズ陸上において数々の日本記録、世界記録を保持しています。また、76歳の時にはサロマ湖100kmを完走(12時間29分20秒)、驚くべき成長ぶりです。
身長152cm、体重40kgの身体のどこにそんなパワーがあるのでしょうか。中野さんは、若い頃、スキーに夢中になり準指導員の資格まで取った経歴を持っていますが、走ることでもっとも大事なのはやはり基礎を固めることだと言います。
「スキーもなかなか上手くならなくて、資格も4度目のテストでようやく取りました。スポーツは基礎が一番大切だということを身をもって学びました。だからマラソンも最初から教室に通って基礎を叩き込みました(中野)」

月間走行距離は故障を防ぐために、200kmにならないように抑えているそうですが、ついつい走り過ぎて気が付くと260kmになっていたことも。81歳になっても週に2~3回、老人ホームのリネン係として働いている理由は、大会に参加するための遠征費を稼ぐためです。20代後半の頃、中野さんの実の弟が他界してしまい、弟の遺した3人の子どもたちを義理の妹さんと一緒に育て上げたそうです。決してラクな人生ではなかったけれど、中野さんの中にはいつもひとつの思いがありました。それは、
『人生どんな場面になっても、ひとつ、楽しいものを持っていれば乗り切れる』というポジティブな考え方です。

70歳までは楽しいものはスキーで、71歳からはマラソンに変わりました。そして今、中野さんはマスターズ陸上80~84歳の部でフルマラソンの世界記録(4時間12分44秒)を塗り変えることを目標にしています。

(ランナーズ編集部・市村)

2016年の東京マラソンでは世界記録を目指したが、約3分記録に届かなかった。週に3日は帰宅ランを実施して、週末は所属しているクラブでスピード練習やLSDを行う。「2020年の東京オリンピックまでは記録を狙って走り続けます(中野陽子)」
2016年の東京マラソンではマスターズ陸上の世界記録を
目指したが、約3分記録に届かなかった。
週に3日は帰宅ランを実施して、週末は所属している
クラブでスピード練習やLSDを行う。
「2020年の東京オリンピックまでは記録を狙って
走り続けます(中野)」

※マスターズ陸上とは
男女ともに35歳以上が参加できる陸上競技大会。
クラスは5歳刻みに分かれている。

関連記事

記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント