本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

大会ニュース

RACE NEWS

【HMCCニュース】日刊スポーツ豊平川マラソン 遠藤靖士選手が大会新記録! 1時間6分52秒

遠藤靖士選手(北極星AC)が2位に6分19秒の大差でV
大会記録を1分53秒更新!

HMCC*(ハーフマラソンチャレンジカップ)第2戦の豊平川マラソン。5月5日(日)、北海道札幌市を流れる豊平川の河川敷を中心としたコースで、真駒内セキスイハイムスタジアムを発着点に行われた。

晴天のなかでの開催となった豊平川マラソン

晴天のなかでの開催となった豊平川マラソン

「競って走ればもう少し良いタイムが出たかも」と終始独走となった遠藤選手

「競って走ればもう少し良いタイムが出たかも」と終始独走となった遠藤選手


スタート時の気温が21℃、レース中で25℃近くまで上がるというコンディションの中でスタートから飛び出したのが遠藤靖士選手(北極星AC)。5kmを15分34秒で通過して2位グループと1分19秒の差をつけると、以降は「ペース維持を意識した」(遠藤選手)という走りで徐々に差を広げた。ラストの20km以降を3分24秒でまとめ、2位に6分19秒差をつける1時間6分52秒でフィニッシュ。従来の記録を1分53秒短縮した大会新記録での優勝となった。

「大会記録を意識してスタート地点に立ちました。5kmまでを早く入って独走に持ち込み、後半は自分のペースで走れました。狙い通りに走れてよかったです」(遠藤選手)

女子優勝は1時間22分43秒で藤澤舞選手。大会記録の1時間18分51秒(永尾薫選手・2017)にこそ届かなかったものの、終始女子トップをキープしての勝利だった。


◎大会結果はこちら
https://runnet.jp/record/userRaceTopShowAction.do?raceId=215613

■MCC(マラソンチャレンジカップ)・HMCC(ハーフマラソンチャレンジカップ)とは
https://www.marathon-cc.com/

■HMCC参加大会一覧
https://www.marathon-cc.com/race_list/race_category/hmcc/

*HMCC=ハーフマラソンチャレンジカップ。MCCのハーフマラソン版。「市民アワード」による大会記録更新者への賞金のほか、初ハーフマラソン完走者、自己ベスト達成者、サブ 80 分達成者(男子)、サブ 90分達成者(女子)へ特別記録証(Web)を発行、などを通してフルマラソンに挑戦するすべてのランナーを応援。


第31回日刊スポーツ豊平川マラソン 大会概要

開催日:2019年5月5日(日)
開催地:北海道札幌市
大会オフィシャルページ:http://www.toyomara.com/
ハーフマラソン:完走者数 3046人/申込者数 3437人
10km:完走者数 1048人/申込者数 1202人
5km:完走者数 353人/出走者数 399人
3km(ファンラン):完走者数 42人/出走者数 48人
3km(小学生):完走者数 257人/出走者数 281人
3km(親子ペア):完走組数 169組/出走組数 177組


記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント