本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

大会ニュース

RACE NEWS

【大会ニュース】新コース、12月開催となったさいたま国際マラソン 約1万6000人のランナーが埼玉の地を走る

12月9日、気温9℃という冬にふさわしい冷え込みのなか、第4回さいたま国際マラソンが開催された。フルマラソンのスタート・フィニッシュはさいたまスーパーアリーナ。さいたま市の都心部と田畑の残る武蔵野の大地を走る、アップダウンも適度にあるコースだ。

従来の11月から12月の開催となり、前日の受付もなくなり、コースも一部変更。さらに新たに「フルマラソン女子ビギナーの部」(専用のペースランナーがつくなど完走に向けたサポートを受けられる)が新設されるなど、ランナーを考えた変更点がいくつもあったが、おおむね参加者からは好評。トップランナーとすれ違うコースを利用して間近での応援を楽しむランナーも多かった。

今田麻里絵選手は日本人トップながらもMGC出場に35秒届かず、悔しげな表情でのフィニッシュとなった

今田麻里絵選手は日本人トップながらもMGC出場に35秒届かず、悔しげな表情でのフィニッシュとなった

さいたま国際マラソンは女子の代表選考会の場として有名だが、一般部門は男女とも参加可能

さいたま国際マラソンは女子の代表選考会の場として有名だが、一般部門は男女とも参加可能


193人が出場した代表チャレンジャーの部ではダリラ・ゴサ選手(バーレーン)が自身2回目のフルマラソンで、自己ベストの2時間25分35秒で初優勝。日本人トップは今田麻里絵選手(岩谷産業)。自己ベスト2時間32分00秒を2分以上短縮する2時間29分35秒の全体4位でフィニッシュしたが、惜しくもMGC出場権獲得には35秒届かなかった。



記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント