本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

急上昇Q&A

ランナーの悩みにランナーが回答するQ&Aコミュニティ「ランナーの知恵袋」。この中でアクセスの多かった人気項目をダイジェストでご紹介します!

【悩み解決!】体毛が濃い脚。テーピングのテープをはがすとき痛い!

体毛が濃いです。初フルマラソンの会場でひざ下にテーピングをしてもらい走ったところ、脚に痛みもなく無事ゴールでき、以来本番にはテーピングして出場しているのですが、毎回はがすのが苦痛です。すね毛が抜けまくります。同じように体毛が濃い方、テーピングをどうしていますか? 
(ミズノさん・男性)

はがす際に毛が抜けるわチクチクするわ、いやになりますよね。また接着もわるかったりするので、僕の場合は貼る部分の毛を剃ってからテーピングするようにしています。

体毛の悩み、分かります。私はすね毛が濃いのですが、レース直前にきれいに剃ります! 気持ちもすっきり! テーピングにもバッチリですよ。

従来からあるテーピングであれば、テープを巻く箇所にタックスプレー(のりスプレー)を噴きかけてからアンダーラップというスポンジのような薄いテープ状のものを巻き、その上からテーピングをすることで毛や皮膚の損傷を予防できます。キネシオテープではこのアンダーラップは使用できないため直接肌に貼ることになるのですが、従来のテーピングを外すときに使用するリムーバースプレー(テープ除去スプレー)というものを使えば、テーピングやタックスプレーの粘着力を弱め、はがすときの痛みが軽減すると思います。

お風呂などでお湯をかけながらゆっくりはがしていくと、はがしやすいです。

カミソリだと剃った跡がチクチクしますが、バリカンで刈るととても快適です! バリカンで2~3mmの長さにしておけば、はがす時も今ほどは痛くなくでしょう。

テレビで見るようなエリートマラソンランナーも、自分で剃ってツルツルにしている人が大多数です。知り合いのトレーナー曰く、テーピングを巻く人で毛を剃るのは普通のこと、とのこと。男なのに体毛処理だなんて、などと考えずに思いきって剃ってみてください。

ひざ下だけではなく太股のほうにテーピングしたいレースも出てくるかもしれませんし、毛のために貼る場所を躊躇するくらいなら剃ったほうがずっと気楽です。安全カミソリで剃るのが一般的ですが、脱毛ムースもありますし、シェーバーで軽く間引きするのもありですよ! スッキリさっぱりしてかっこよく走ってください。もちろん脇の下も。

考えられる対策としては、テーピングの代わりとしてサポーターを着用してみるのも良いかもしれません。

長い目で見て、体毛を薄くする方法としては、冬場に走るときに裏地がメッシュ生地の通称シャカパン(ナイロンパンツ)をはいて走ることです。メッシュ生地でこすられるからか、ヒザ下のすね毛がなくなります。私は最初、抜けてしまったのかと心配するほどきれいになりました。まあ夏には半分くらい戻りますが、お試しを!

アスリートと体毛のマイナートラブルについてはよく論じられるところ。ランナーももちろん例外ではなく、同じ悩みを持つ多くの経験者から解決法が寄せられました。快適な走りと生活への支障のなさでバランスをとり、最適解を見つけたいですね!





このコーナーでは、ランナー同士が気軽に情報交換できるRUNNETの人気Q&Aコミュニティ「ランナーの知恵袋」より注目のQ&Aをピックアップ!
全国のランナーと日頃の悩みや疑問に回答し合えるこのコミュニティには、自身の経験にもとづいたアドバイスならではの貴重な情報が詰まっています。ぜひあなたのトレーニングやレースの参考にしてください!





記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント