本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

トピックス

なんでもアンケート

NANDEMO ENQUETE

みんなどうしてる? 夏のトレーニング 02 暑い夏も走る!やる気に火をつける工夫は?

暑い夏も走る!やる気に火をつける工夫は?

夏のトレーニングについて1300人以上のランナーが回答してくれたアンケート結果から。夏走るためランナーが実践している、サボり心を撃退する、モチベーションアップ法を紹介します。

「やる気」を上げるのは、なんといっても大会にエントリー


夏でも練習をする人のモチベーションを維持するコツを聞いたところ、「夏や秋にレースに入れる」が6割。そのほか練習会やミニイベントに参加する人も!自分ひとりで、コツコツ走るのは、なかなか大変だけれど、1、2ヵ月後にレースやイベントがあるとしたら、がぜんやる気に火がつく。その気持ちわかります。
レース、ミニイベントや練習会、合宿などの予定を次々と入れて走らざるを得ない状況にもっていくというのも方法ですね。

夏や初秋のレースにエントリーするのが最も効果的!


★9月初旬を今年の初レースと位置付けて、良いスタートが切れるようにモチベーションを高める。(たつ 男性 42歳)

★北海道、オホーツク網走マラソンなど、夏に開催される大会にエントリーすることで、それまでは気持ち的にできなかった夏の30km走もできるようになった。(YONEPI 男性 44歳)

★私の住んでいる和歌山県では夏のレースはほぼありませんが、レースのある北日本や信州へ「旅ラン」として旅行がてら参加します。(けっけ 男性 24歳)

★ここ数年、榛名湖マラソンにエントリーしてます。夏場に走り込まないと悲惨な結果が待ってます。夏場のサボり防止と夏場の成果を試すため、このルーティンは続けます!(みつは 男性 46歳)

★夕方から夜に開催されるもの、高地、高原など避暑地で開催されるものにエントリーしている。(埼玉10区無所属現 男性 54歳)

仲間との練習会やミニイベントへの参加で「絶対走る」環境づくり


★毎週末行われる練習会に参加します。ひとりではとても走れない(サボってしまう)ので、たくさんの参加者たちと一緒に走れば、最後までガンバれます!(こげひろ 男性 40歳)

★ランニング仲間との練習会では、休日の早い時間に低山でのクロカン練習を入れています。短時間で強度の高い練習。不整地での練習にもなるので体幹も強くなります。(投げ 男性 28歳)

moshicom (モシコム)でインターバルトレーニングや坂道ランのイベントを探して参加しています。(くろゆき 女性 37歳)

★真夏のマラソンコース試走会を自分で開催。主催してしまうとサボれないです。(たなか 男性38歳)


気軽に楽しく! 普段の練習を楽しいイベントに!


夏のトレーニングはタイムや距離を目標に追い込むというより、楽しみながら継続することがカギになりそう。ちょっとしたご褒美を設定したり、普段のトレーニングを、ハレの楽しいイベントにしてしまう知恵こそ、大人のランナーには必要かもしれません。

★ゴールを銭湯に決めて、リュックを背負って走ります。ラン後お風呂入ってから飲むビールが楽しみで走っています。(いたさん 男性 54歳)

★練習コースのゴールをプールにします。泳いでクールダウンできると思えば暑いのを(少しは)ガマンして走れる。(はちくん 女性 47歳)

★「走ってビアガーデンまでいく」というイベントを仲間と開催しています。
(てけ 男性 36歳)

★趣味の写真撮影を兼ねて。最近は野鳥の撮影にも挑戦しています。走るスピードは落ち、時間がかかるようになりますが、外に出る気にはなります。(フラスコ 男性 61歳)

★名物かき氷を目指して走ったり、海鮮丼食べるために走ったり、あえて遠方に目標を定めて走ったりします。(めっちゃ 女性 50歳)

★おいしく飲みたいので走ります。「5km走ったら350ml缶。10km走ったら500ml缶。」
と自分で決めておきます。(トレッドミル子 女性 43歳)


本格的観光ラン! 真夏の特別なトレーニングデー


★毎年東北地方で1週間ほど湯治をしながら楽しく走っています。岩手県の花巻、八幡平、青森県の八戸やぶな林で有名な西目屋村など。滞在している宿を中心にランニングコースを設定して毎朝走ったり、そこから電車で移動して行ける観光ポイントで観光ランしたり…。(すずぽん 女性 56歳)

★涼しい高地でトレーニング。北アルプスがマイコースです。立山アルペンルートをよく走ります。(みや 男性 51歳)

★日帰りで富士山頂剣ヶ峰に登るだけで、トレーニング効果は大きいです。富士登山は、夏ならでは。直射日光はあるけれど、平地の暑さとは無縁。早朝地元(埼玉県)を出発して、10時頃5合目に着き、剣ヶ峰を目指して登り、最終バスをめがけて下ります。一般的な富士登山を日帰りで行います。(埼玉のはるな愛 男性 46歳)

★奈良の春日山原始林1周10kmは日影が多く起伏がありいい練習ができます。(chu! 男性 50歳)


こんな方法もある、走る気持ちを維持する方法


実益もあり、走力アップにも貢献
★アルバイトでポスティングをやる。(おこげ 男性 45歳)

最終的な大目標を持つことって大事!
★どうしても達成したい目標を持つ!「死ぬまでにワールドマラソンメジャーズ制覇!」
(カゼオケ 男性 35歳)

まわりの人をどんどん巻き込もう!
★神戸マラソンに会社の仲間とエントリーしました。エントリーしたからには準備していかないと、毎日練習状況の話をしています。(J.Sato 男性 39歳)

力強くまわりに宣言する!
★小学校の教員をしています。夏休み前、子供たちに目標を立てさせます。
自分も同じように目標を立て、学級通信等で互いに宣言し合います。
(今秋、ウルトラに初挑戦します 男性 40歳)

便利なトレーニングアプリを利用!
★TATTAの練習ランキングを励みにする。同じ大会にエントリーしているランナーの練習量をみてモチベーションを上げる (アットオドロク 男性 55)
*手前味噌で恐縮ですが、ここで少々宣伝を。「TATTA」はRUNNETの大会エントリーと連動したトレーニングアプリです。大会にエントリーすると、自分と同じ大会にエントリーしているほかのユーザーの練習量が見られ、順位も日々出るので、モチベーション維持にとってもお勧めです!(RUNNET編集部)


次回は、暑い夏のトレーニングの工夫についてランナーの知恵をご紹介します!








記事をもっと見る

ランニング初心者集まれ
詳しくはこちらRUNマイルを貯めよう!

大会エントリーや大会レポ投稿など、RUNNETのあらゆるアクションで貯まる「RUNマイル」。
1万マイル貯めるごとに、素敵なプレゼントが当たる「RUNマイルくじ」が引けます!

今月のプレゼント