本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ピックアップ★レース

能登和倉万葉の里マラソン2019(エントリー締切:11月30日)

開催日2019年3月10日(日)
開催地石川県 七尾市
大会オフィシャルページhttp://www.city.nanao.lg.jp/kankou/kanko/event/manyo_marathon/index.html
種目42.195km、10km、親子1.2km、ウォーク11km、ウォーク5km
参加人数前回大会:6,461人(出走者数)
参加賞、ほかスポーツグッズ、金券700円分(当日イベント会場のみ使用可)※親子ペアはスポーツグッズ1人分、金券1人分 ※小学生以下のウォーク参加者は参加賞なし

3月上旬の能登の自然を満喫する

開湯1200年ともいわれる能登半島の名湯、和倉温泉。その和倉温泉の「湯っ足りパーク」前をスタートし、イルカもすむ能登島を経由して七尾西湾をぐるりと一周、和倉温泉観光会館前でフィニッシュするコースです。能登の里山里海の風景、潮の香りを感じながら走れます。

総距離1,050mの能登島大橋を渡る
総距離1,050mの能登島大橋を渡る


繰り返されるアップダウンに海から吹く風と、ランナーを悩ませるポイントの多いコースです。しかし12カ所あるエイドには、「能登かき」の入った名物「能登マ丼」をはじめ地元フードが並び、それを楽しみに走るランナーもいるとか。


フィニッシュ後は能登の海の幸で乾杯!

能登和倉万葉の里マラソンはフィニッシュ地点を通過して終わりではありません。イベント会場では、炭火焼用のコンロがズラリと並び、「能登かき」をはじめとした新鮮な能登の海の幸を炭火で焼いて味わえます。数量限定ながら和倉温泉のホテルや旅館の入浴券も販売されており、レース後に和倉の温泉で身体をほぐすことも。走った後も楽しめるのが能登和倉万葉の里マラソンです。制限時間7時間。

地元産のグルメが並ぶエイド

地元産のグルメが並ぶエイド

走った後は炭火で「能登かき」を楽しむ

走った後は炭火で「能登かき」を楽しむ


・2017年全国ランニング大会100撰に選ばれた人気大会
・全日本マラソンランキング対象大会

掲載日:11月6日

新着・ピックアップ★レース