本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ピックアップ★レース

加賀温泉郷マラソン2019(エントリー締切:1月31日)

開催日2019年4月20日(土)~2019年4月21日(日)
開催地石川県 加賀市
大会オフィシャルページhttp://www.kagaonsenkyoumarathon.com/
種目42.195km(21日)、3km(20日)、5km(21日)、10km(21日)、2kmファンラン(20日)、2km(20日)
参加人数前回大会:5,778人(42.195㎞3,827人、10㎞1,299人、5㎞366人、 2.5km286人)
参加賞、ほかマラソン:加賀市産コシヒカリ等、山中塗ペアタンブラー、山中塗弁当箱の内1つ、10㎞・5㎞・3㎞・2㎞・2㎞ファンラン:加賀市特産品

3つの温泉郷を巡り、百万石の誇りを肌で感じるフルマラソン

片山津温泉、山代温泉、山中温泉の3カ所の温泉郷を巡ることで人気の加賀温泉郷マラソン。コースは序盤から刻むようにアップダウンが続きペース感覚を惑わせます。体力が消耗してきたところに27km付近で急坂、ランナーたちの体力や心を削ります。さらに最後に襲ってくるのが41kmの急坂、この坂を上りきればゴール目前です。参加したランナーからは「前半から中盤、終盤までアップダウンに苦しみました」といった声が上がるほど、走りがいがあります。
片山津、山代、山中の温泉郷のほかにも、大聖寺の歴史的な街並み、北陸加賀の春を感じさせてくれる白山麓の田園風景と、常に変化に富んだコースです。

昨年は雨の中、散り際の桜に見守られるなかスタートした

昨年は雨の中、散り際の桜に見守られるなかスタートした

1300年変わらぬ場所にあると言われる山中温泉の総湯「菊の湯」の前を走る

1300年変わらぬ場所にあると言われる山中温泉の総湯「菊の湯」の前を走る

加賀温泉郷のていねいな心づかいがランナーたちを支える

風景以上に楽しみにしているランナーが多いのが18カ所あるエイドです。娘娘(にゃあにゃあ)饅頭や柿の葉寿司といった加賀温泉郷自慢の一品が並び、フルーツも豊富。ゴール後も鍋やごはんなどの食事が潤沢に用意されています。
温泉入浴券もあるので時間の都合のつく方は温泉へ。食事とともに身体を癒やしてください。

エイドの充実も群を抜く、「柿の葉寿司」

エイドの充実も群を抜く、「柿の葉寿司」

加賀温泉郷ならではの品が並ぶ「娘娘饅頭」

加賀温泉郷ならではの品が並ぶ「娘娘饅頭」

和装の応援も加賀ならでは

和装の応援も加賀ならでは

街から離れた場所でも、一つひとつていねいに作られたのぼりがランナーを勇気づける

街から離れた場所でも、一つひとつていねいに作られたのぼりがランナーを勇気づける


走りごたえのあるコースである一方で、レース中、レース後の楽しみが豊富。2017年全国ランニング大会100撰にも選ばれました。関西の奥座敷と親しまれ、温泉嫌いといわれる松尾芭蕉でさえ8泊した加賀温泉郷は後泊もして味わうのがおすすめです。制限時間6時間。

掲載日:10月5日

新着・ピックアップ★レース