本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ピックアップ★レース

能登和倉万葉の里マラソン2018(エントリー締切:11月30日)

開催日2018年3月11日(日)
開催地石川県 七尾市
大会オフィシャルページhttp://www.city.nanao.lg.jp/kankou/kurashi/bunka/marathon/index.html
種目ウォーク5km、ウォーク11km、42.195km、親子1.2km、10km
参加人数前回大会:7592人(42.195km5152人 10km2022人 1.2km209組(418人))
参加賞、ほかスポーツグッズ、つみれ汁引換券、金券500円分(当日イベント会場のみ使用可)※親子ペアはスポーツグッズ1人分、つみれ汁引換券2人分、金券1人分 ※小学生以下のウォーク参加者は参加賞なし

舞台は石川県能登半島の中ほどに位置する、万葉集ゆかりの地である七尾市。歴史ある和倉温泉を基点に七尾西湾を巡る「里山里海」を体感できる大会で、晴れれば遠くに立山連峰を臨むこともできます。

フルマラソンの部は、28km地点までに11カ所ものアップダウンが続くタフなコース設定。しかし、制限時間が7時間あるので、じっくり楽しみながら走ることができます。また、1kmごとの距離表示のほかに、上り坂の数、坂の長さを表示する看板があり、ランナーの背中を押してくれるはず。
12カ所あるバリエーションに富んだエイドステーションも嬉しい限り。特に27.8km地点にあるぷりぷりの能登かきと能登白ねぎを使った「能登マ丼」は人気で、これを楽しみに毎年エントリーするランナーもいるとか。

34km以降の海岸沿いでは海風が体力を消耗させますが、イベント会場での特産品ブースを楽しみにもうひと頑張りしたいところ。ちなみに特産品ブースには、参加賞の金券で購入できる牡蠣の炭火焼きがあり、レース後のご褒美にぴったりです。

また、フルマラソンの他にも10km、1.2kmの親子ペアの部、能登島大橋を歩いて渡れる11kmウォーク、七福神巡りの5kmウォークの部もあるので、ファミリーでの参加も楽しめます。

走った後は和倉温泉で疲れを癒すこともできるこの大会、旅ランにもおすすめです!

万葉集ゆかりの地である七尾市が舞台。ファミリーでの参加もおすすめ

万葉集ゆかりの地である七尾市が舞台。ファミリーでの参加もおすすめ

総距離1,050mの能登島大橋を渡る

総距離1,050mの能登島大橋を渡る

タフなコースだが、子どもたちの太鼓の応援に励まされる

タフなコースだが、子どもたちの太鼓の応援に励まされる

牡蠣の炭火焼きはレース後のご褒美!

牡蠣の炭火焼きはレース後のご褒美!

掲載日:9月11日

エントリーページへ 前回の大会レポを見る

新着・ピックアップ★レース