コラム

COLUMN

【週刊ランナーズ】五輪代表を次々に輩出する天満屋・武冨監督の言葉の力

9月15日(日)に行われた東京五輪マラソン代表選考レース「MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)」。女子は前田穂南選手(天満屋・23歳)が2時間25分15秒で優勝し、2位の鈴木亜由子選手(日本郵政グループ・27歳)と共に、東京五輪のマラソン代表に内定しました。前田選手が所属する天満屋は、五輪では2000年のシドニーから来年の東京まで、6大会中5大会でマラソン代表を輩出しています。

そのうちの一人、2008年の北京五輪代表で、現在は「NOBY T&F CLUB」で市民ランナーの指導をしている中村友梨香さん(33歳)は「天満屋の強さの一つは、選手をやる気にさせてくれる武冨豊監督の言葉の力」と語ります。
「私の場合、北京五輪の選考レース(3月の名古屋国際女子マラソン)の約4ヵ月前まで調子が上がらず、マイナス思考になっていました。そんな時、武冨監督が『せっかく夢(五輪)に向かってワクワクしながら練習できる時期に、どうしてそんな(暗い)顔をしているのか?』と優しく声をかけてくれたおかげで、ポジティブな気持ちでトレーニングに向き合えるようになりました。それから月間走行距離は多い時で1000㎞以上に。名古屋国際で優勝して北京五輪代表を勝ち取ることができました。練習内容だけでなく、表情も含めて、選手一人ひとりを本当によく見てくれますし、監督自身、現役時代はたくさんマラソンを走っている(30回以上)ので、42.195kmを走るランナーの気持ちがよくわかっている。だからこそ、選手の心に響く言葉をかけられるのだと思います」

MGCで3位(2時間29分6秒)に入った小原怜選手(29歳)も天満屋所属。今後さいたま国際、大阪国際女子、名古屋ウィメンズの3つのマラソンで派遣設定記録(2時間22分22秒)をクリアする選手がいなければ、小原選手も東京五輪代表に内定し、天満屋からは6人目のオリンピアンになります。

(ランナーズ編集部)

ゴールテープを切る前田穂南選手
ゴールテープを切る前田穂南選手(ゴールは神宮外苑イチョウ並木)
写真/青山義幸
中村友梨香さん
本誌5月号「ゆっくり走っても速くなる練習法」では、縄跳びを推奨してくれた中村さん。「高校時代から練習前に縄跳びをしていました。今も指導する市民ランナーの皆さんに勧めています」
写真/塩川真吾


「コラム」 一覧に戻る