大会ニュース

RACE NEWS

【MCCニュース】神戸マラソン開催。女子でスーザン・ジェロティク選手(ケニア)が大会新記録

男女とも招待選手の海外勢が優勝
女子は2時間31分38秒の大会新記録!

8回目を迎える神戸マラソン。2万人が参加するマンモス大会となり、招待選手も国内外から多く参加した。大会記録更新への期待が高まる中での開催となった。
レースは男女とも序盤から海外招待選手がレースを引っ張った。男子は昨年、大会新記録(2時間12分49秒)で今大会を制したクァリル・ルムシェ選手(モロッコ)が2時間13分54秒で連覇を達成。女子はスーザン・ジェロティク選手(ケニア)が大会記録2時間33分14秒を1分36秒更新し、2時間31分38秒の大会新記録で優勝した。

40km以降でのスパートが決まり、大会新記録で優勝したジェロティク選手(MCC優勝賞金は日本人選手のみが対象)
40km以降でのスパートが決まり、大会新記録で優勝したジェロティク選手(MCC優勝賞金は日本人選手のみが対象)
神戸の中心地三宮から明石大橋下を折り返しポートアイランドへ向かうコースに2万人超のランナーが挑んだ
神戸の中心地三宮から明石大橋下を折り返しポートアイランドへ向かうコースに2万人超のランナーが挑んだ

10秒差で2位に入ったムンフザヤ・バヤルツォト選手(モンゴル)とのデッドヒートを制したジェロティク選手は今回が3回目のフルマラソン。「すばらしいコースでの優勝。自己ベスト(2時間34分19秒)を2分42秒更新できてとてもうれしい」と初優勝を喜んだ。日本人選手は男子で塚田空選手(SGホールディングス)が2時間19分26秒の5位、女子は地元兵庫の須磨学園高出身で兵庫大学2年の横川海姫(みき)選手が初フルマランで2時間49分21秒の7位に入った。

神戸マラソンは応援が元気。仮装あり、鳴り物あり、私設エイドありと賑やかな沿道の声援がランナーを励ます
神戸マラソンは応援が元気。仮装あり、鳴り物あり、私設エイドありと賑やかな沿道の声援がランナーを励ます
スタート時13℃だった気温は中盤20℃近くまで上がり、給水所は大忙しだった
スタート時13℃だった気温は中盤20℃近くまで上がり、給水所は大忙しだった

■MCC(マラソンチャレンジカップ)とは
http://www.marathon-cc.com/#whats_mcc

■MCC参加大会MAP
http://www.marathon-cc.com/#list_map


第8回神戸マラソン大会概要

開催日: 2018年11月18日
開催地: 兵庫県神戸市
大会オフィシャルページ: http://www.kobe-marathon.net/2018/
フルマラソン: 完走者 1万9569人/出走数 2万395人


「大会ニュース」 一覧に戻る