帰宅ランやLSD、長距離走、トレイルランなど走るスタイルは様々。
荷物を携帯して走るときはバッグ選びが重要です。
走るときの荷物携帯のストレスを軽減するには
荷物の容量に合わせて揺れにくいバッグを選ぶことがポイントです。

今回ご紹介するランナーズランニングベスト7は
7リットル容量で小物+着替え+ペットボトル+タオルが入る容量で、揺れにくい!

ランナーズオリジナルならではのランナーにうれしい工夫をご紹介します。

帰宅ランやトレラン、長距離を走るときにおすすめ。
財布、鍵、スマホ、ジェル、ペットボトル、着替え(ランニングシャツ・パンツ)、タオル、
撥水シェルジャケット、防水シェルジャケットなどが入る容量。

一番上のチェストベルトは可動式なので、
身体のサイズや好みに合わせて動かせばさらにフィット感がアップ。

下のチェストベルトは一部ゴム素材を採用。
動きや呼吸に合わせて伸縮するので、窮屈感なしで身体にフィットします。

サイド部分にあるベルトは、1本のベルトが2か所に渡るようにして身体に密着するよう工夫。
1本のベルトが2つに分かれているので、1ヵ所を引いて締めれば連動して
全体ののフィット感が高まります。

サイドベルトの余った部分は、くるくる巻いて短く収納できる『くるくるシステム』を採用。
身体にベルトが当たることなく走ることができます。

ショルダーと背中部分のメッシュ部分はクッションを厚くし、
長時間のランニングでもストレスを感じないようにしています。

背中のバンジーコードを、荷物の容量に合わせて締めると安定し、さらに走りやすくなります。

ショルダーのふちには擦れを軽減する、柔らかい素材を採用。
直接肌に当たっても痛くならないよう、工夫しています。

走りながら水分補給ができるハイドレーションシステムも装備可能。
左右のショルダー部分にはチューブを通せるホールがあります。

前面ポケットには500mLペットボトルを入れることが可能。
飛び出し防止のホルダー付きで安心です。

前ショルダー部分上部にあるメッシュポケットは、伸縮性のある素材を採用。
伸縮するので見た目よりも物が入ります。
ジェルなどバッグを下ろさずにすぐに取り出したいものを入れると便利。

背面にあるポケットはタオルや大き目の給食を入れると便利。
バッグ荷室のファスナーを開けなくてもアクセスできるので物が取り出しやすい。

ファスナー部分の引き手は大き目の輪を採用しています。
すぐにたぐれて開閉がしやすいです。
さらに紐とプラスチックなので走っても音が鳴りにくい仕様。

バッグ前面・背面合わせて計14か所にリフレクターがついているので夜のランニングでも安心です。

小物(スマホ・鍵)+ペットボトルなどの必要最小限の荷物を携帯したいときにはこちら。軽くてレースにも使える、身体にぴったりフィットするベスト型バッグ。

ランナーズ
ベストバッグMATOI PLUS
¥5,616(税込み)

ランニングベスト7より容量が大きく、バッグの構造はほぼ同じなので身体にフィットして揺れにくい。シューズを入れることもできるので荷物を持って帰りたいときの帰宅ランにおすすめです。

ランナーズ
ランニングベスト14
¥11,664(税込)