このところ、寒くなったり暑くなったり、気温の変動が激しいですよね。
レースも近いし気温に関係なく練習したい…レースの時に急に冷えたらどうしよう?
など、こんな時は装備をあれこれ悩みますよね。
寒くても暑くても走るランナーの皆さんへ、
急な寒さに対応できるウエアや小物をご紹介します。

軽くて腕ふりがしやすい中綿ランニングベスト。
寒い日はまずこれを着用してランへ!
サイド部分はストレッチ素材で綿が入っていないので
腕を振ってもかさばらず、すれることがありません。
薄手のシェルジャケットの上やアウターの下など様々な重ね着ができます。

少し厚めの生地なので、冷え込む日のランに。
親指と人差し指の先にはタッチパネル操作が可能な素材を使用。
グローブを着けたまま、スマホの操作ができます。
左手首には時計窓がついているので、肌に時計を密着させたまま、
記録をリアルタイムで確認できます。

撥水加工でフード付きなので、急な雨でも安心なシェルジャケット。
軽くてコンパクトにたため、持ち運びに便利。
一枚羽織るだけてで寒さが違います。
練習ではもちろん、レースの時も活躍します。

水を通さない素材のシェルジャケットとパンツのセット。
防寒用としても着用でき、柔らかく軽い素材なので走れます。
大会や練習会など、身体をリラックスさせておきたい移動時にも
ストレスを感じない軽さと動きやすさなのでおすすめです。

素早い汗の発散と体温を逃がさない構造で、冷えから身体を守ります。
最大500%のストレッチ性で動きやすく暖かいインナー。
ドライな着心地で汗冷えを抑えます。