GPS毎秒計測で46時間バッテリー、3D距離計測でコースロストを防ぐルートナビゲーション機能を備え、100マイルのロングトレイルレースでも使える高機能GPSウォッチ「エプソンWristableGPS for Trek MZ-500」シリーズ!

新デザイン&サファイアモデル 【MZ-500MS】

ダイヤモンドの次に硬いとされる「サファイアガラス」を採用し、ベゼルは金属ネジ止めをほどこすことで、ロングトレイルをはじめとする長時間の過酷レースにも耐える堅牢性を備えたモデル。
ベゼルはサファイアを彷彿させるBLUEの飾り縁、表面のミラー仕上げにより、機能性と高級感が漂うデザインが両立されている。バンドは、従来の幅より+2mmとし、5mm幅の穴あきデザイン、走行中の様々な動きを吸収する蛇腹構造を採用することで、安定感と装着感を向上させている。

新デザイン&カラーモデル投入 【MZ-500L】【MZ-500Y】

ブラックバンドにオレンジの飾り縁がアクセントになっているリンクオレンジ、明るいイエローバンドが目を引くオーガニックイエローの2色展開。ウエアとのコーディネートも楽しめるように。ベゼルは、Lモデルがヘアライン、Yモデルはミラーと、それぞれ仕上げが異なるので、デザインの好みで選ぶのもあり。サイドの大型ボタンは、アップダウンの激しいコースでも押しやすい。

【新機能】 スマホと連動で登山計画を簡単作成!

・「ヤマレコ」との連携:スマホでトレラン計画の簡単作成
Webアプリ「NeoRun」や、スマートフォンアプリ「Epson Run Connect for Trek」にデータを転送することで、ペース、スピードや標高、心拍数、軌跡などを表示。トレッキング、ランニングをさまざまな角度から分析が可能。

「Epson Run Connect for Trek」を使えば、山専用のコミュニティサイト「ヤマレコ」へTOP画面から簡単にリンクが可能。ルートを選択するだけで簡単に機器へのトレッキングやトレラン計画の書き込みが可能。また作成した計画は、メール、QRコード、SNS(Facebook、Twitter)等でチームメンバーや家族とシェアできる。

本体で計測したルートログは、“アップロード時に自動で同期”設定によりアプリに自動アップロードが可能に。
アップロードした結果は、ヤマレコで3D地図として閲覧可能。

また山岳災害情報受信情報をいち早く受信して、避難へ繋げることが可能。
アプリ「コンパス」連携で山岳災害情報をスマホ経由でMZ-500に受信し機器に音・振動・画面表示で通知します。
※Compassアプリより、「WEB登山届」を提出する必要あり

機能追加・強化点

高精度&ナビゲーション
・GPS機能+気圧センサー+温度計の連携で高精度の標高計測が可能
・2D(平面)/3D標高ナビゲーション
・日本100名山のルートデータ搭載(※) 発売時には富士山ルートのみ搭載 2015年秋ファームウェアバージョンアップにて対応予定
・トラックバック機能搭載
・ABC+GPS簡易計測機能

堅牢性&使いやすさ
・10気圧防水
・風防ガラスに防曇処理
・軽量67g(サファイアモデル72g)
・安心の日本製
・大型ボタンで操作も簡単
・アプリで軌跡が残せる

稼働時間
・毎秒計測 46時間
・間欠計測 110時間
・普段使い 30日間

【NEW】 UI&ナビ改善で、より使いやすく
・登山計画の「簡単作成」&ログ自動アップロード⇒ヤマレコと連携して、登山計画を取り込める⇒スマートフォンでも登山計画が作成できる
・基本機能の簡単表示 ボタン一つで見たい情報を切替表示
・充電中も時計表示
・英語対応