全日本マラソンランキング3年連続1位の長江隆行さん(47歳)はランナーズオリジナル愛用者!
夏は遮熱・遮光クリーニングロングスリーブが欠かせない、と語ります

 全日本マラソンランキング3年連続1位となっている長江隆行さん(47歳)は法律事務所に勤務しながら練習を重ねるランナーだ。2019年本誌連載「加齢に勝つ!長江研究所」では独自の理論に基づく練習を紹介してくれた。

 東海大学在学中は、2年間陸上部に所属していたが、故障の連続で途中退部。その後は全く走らない生活を送っていたが、ダイエットのために始めた格闘技でひざを痛め、そのリハビリの一環として40歳の時にランニングを再開した。以来、記録を伸ばし、現在の自己ベストは2016年東京マラソンで出した2時間23分29秒である。

 毎年記録を狙って走るのは、福岡国際マラソンと東京マラソン(またはびわ湖マラソン)。そのために重要になってくるのが夏場の脚作りだという。

「昔から暑さが苦手で、夏は週末になると1泊2日のひとり合宿を菅平高原(長野)で行っています。高地とはいえ日中は気温が上がる日もあります。平日は都内での練習です。“暑さ”を克服する良い方法を探していたときに、 “着るだけでヒンヤリ”というキャッチコピーのインナーを見つけました。夏なのに黒い長袖?! と半信半疑でしたが、RUNNETSHOPで購入して着てみると、Tシャツ1枚よりも涼しい! 以来、夏の練習では必ず着ています」