ランナーズ+ inチーム

ランナーズ+メンバーズにプラス1000円の超お得サービス。
新進気鋭のコーチ陣から毎週「目標達成チャレンジ」が届き、同じ会に所属するメンバー同士で交流ができる
「トレーニング&コミュニティ」サービスです。

ランナーズ+ in チームとは?

目標達成に向けて「意欲を高めたい」「ノウハウを深く知りたい」というランナーにお勧め!
ランナーズ+inチーム(以下inチーム)に入会すると、「目標達成」に向けて行うべきトレーニングや課題が毎週(!)、専属コーチから送られてきます。掲示板を使っての「チーム間交流」も可能! 意欲も知識も高まる、向上心溢れるランナーのためのサービスです。ランナーズ+メンバーズの会員がプラス1000円で入会可能です。
※募集開始から3カ月経過後からは500円で入会できます。

以下7つのチーム(会)のいずれかに入会すると、
◎毎週月曜日に専属コーチから「目標達成チャレンジ(練習や課題)」が送られてきます。
◎「目標達成チャレンジ」を実践した感想や疑問をチーム内の掲示板に書き込むことができます(同じ目標を持ったチームメイトと共有できます)。
※今回のコーチが担当するプログラムは2022年4月4日~10月31日。4月開始予定の新プログラムは別途1000円が必要です。
※掲示板はe-moshicomの機能を利用します(4月4日~11月6日まで利用できます)。

各チームの紹介

ウルトラマラソンの会

清本芳史コーチ

ウルトラマラソンの会を担当するのは清本芳史コーチ。産業医として働きながら、2007年のサロマ湖100kmウルトラマラソンで7位に入り、イタリアで開催された世界選手権に出場。36歳で走ったサロマの6時間44分7秒(5位)が自己ベスト。「100km完走や自己ベスト更新に向けて、筋トレや動きづくりによってエネルギーロスの少ない走りを体得するトレーニングやノウハウを提案します。私の経験と医師としての知識、各種データを基にしたトレーニングにぜひチャレンジしてください」

サブスリーの会

松村拓希コーチ

サブスリーの会を担当するのは松村拓希コーチ。駒澤大学時代に全日本大学駅伝6区区間新記録や、日本インカレ1万mで優勝などの実績を残し、実業団では世界クロカン日本代表を経験。引退後は筑波大学大学院で科学的トレーニングを研究。現在は東京国際大学駅伝部のコーチを務める。自身は2016年の勝田マラソンで2時間26分25秒が自己ベスト。「学生も市民ランナーもトレーニングの原則は同じだと思っています。私の経験や科学的な理論に基づいた『鬼メニュー』も提案いたします!」

330の会

吉田香織コーチ

330(3時間30分切り)の会を担当するのは吉田香織コーチ。高校卒業後に実業団へと進み、北海道マラソン優勝(06年)。その後セカンドウインドで市民ランナーを指導しながら競技を続け、プロランナーとして独立後、さいたま国際マラソン(19年)で日本人トップとなった。自己ベストは2時間28分24秒(17年名古屋)。「キロ5分で楽に走れるスピードをつけるためスピード走はもちろん、私自身が効果を実感した不整地走や筋トレなど、脚筋力アップのためのトレーニングを提案します」

サブフォーの会

松垣省吾コーチ

サブフォーの会を担当するのは松垣省吾コーチ。法政大学で箱根駅伝に3度出場し2、3年時は山下りの6区で区間2位となった。卒業後はNTT西日本で競技を続け、31歳で実業団を引退後はランニングクラブ「MATSU RUN」を立ち上げた。昨年春からは駿河台大学女子駅伝部監督、男子駅伝部コーチを兼任している。「サブフォーを目指す方は長時間のジョギングができてもスピード持久力が不足している人が多いと感じています。1kmダッシュをやるだけでも達成率はグンと高まりますよ」

歩かず完走の会

岩山海渡コーチ

歩かず完走の会を担当するのは岩山海渡コーチ。筑波大学在学時には箱根駅伝予選会に出場した。卒業後は同大大学院に進学し、エネルギー代謝を専門に研究。2018年から天理大学の教員となった。自己ベストは2時間20分16秒(08年福岡国際)。「レース後半に歩いてしまう原因は、足の痛みやグリコーゲンの枯渇によるガス欠などさまざまな要素が複合的に絡み合っています。この会ではそれらを科学的に解説しながら練習メニューと解決法を提示していきます」

筋トレ&ダイエットの会

梅原 望コーチ

筋トレ&ダイエットの会を担当するのは梅原望コーチ。中学から大学まで陸上部に所属し、大学時代は掛け持ちで行っていたボクシングで東北チャンピオンになった経験を持つ。フルマラソンの自己ベストは2時間42分45秒(11年東京)。都内でトレーニングジムを経営しており、貫いている持論は「筋トレはランナーに絶対必要」と語る。「筋力が高まればスピードを楽に発揮することができますし、脂肪も燃えやすくなるので、走力アップやダイエットにも効果があります」

ハーフマラソンの会

宇野けんたろうコーチ

ハーフマラソンの会を担当するのは宇野けんたろうコーチ。高校から本格的に陸上競技を始め、3年時に全国高校駅伝出場。2021年8月からは「コトブキヤ陸上部」に所属し、芸人初の実業団ランナーになった。フルマラソンの自己ベストは2時間33分30秒(17年東京)。「ハーフは『フルに向けてのリハーサル』として出場する方も多い種目ですけど、この会では『ハーフが速くなるための練習』を提案していきます。僕も実践しますので、一緒に頑張りましょう!」


inチームへの申込方法

STEP1
ランナーズ+メンバーズ会員になる

年会費7,800円の定額制で毎月「ランナーズ」が届き、バックナンバー11年分を含む「デジタル版ランナーズ」が閲覧できます。さらに、毎週末開催の「TATTAサタデーラン」が走り放題!走るのが楽しい人にはたまらない!大変お得なランナーズ版“サブスクリプション”サービスです。

⇒ ランナーズ+メンバーズとは?

⇒現在、従来型の定期購読をご契約のお客様はコチラ

STEP2
入りたいチームのメンバー募集に申し込む

参加したいチームに申し込んでください。
1チーム入会につき1000円です。複数チームの申し込みも可能です。

ウルトラマラソンの会
サブスリーの会
330の会
サブフォーの会
歩かず完走の会
筋トレ&ダイエットの会
ハーフマラソンの会
ご利用開始