レポーター情報

アッキー

全投稿件数 193
全参考になった数 227
「参考になった」指数
ニックネーム アッキー
性別 男性
年代 40代
昨年の大会出場数
自己ベスト ①フル:3時間14分35秒(2019年1月)②30K:2時間10分14秒(2018年10月)③ハーフ:1時間31分28秒(2018年2月)④20K:1時間29分54秒(2018年1月)⑤10マイル:1時間08分27秒(2017年12月)⑥15K:1時間08分11秒(2018年6月)⑦10K:39分21秒(2019年1月)
ランニング趣向性 マラソン大会実践型・記録更新目的派(川内方式)
自己PR 走る理由:速さへの求道(笑)。大会での記録更新が唯一の歓びであり、最近では大会に出ること自体が楽しみであり、時間さえあれば即大会にエントリーする無節操さが唯一の強み(笑)。これまで70大会以上に出場して、DNFは僅か1回のみというタフネスぶりと、奇跡的な運の強さのみが唯一の自慢(笑)。走る度に走ることの難しさや、奥深さを発見できるので、ランニングの深みにどんどん嵌っていき、なかなか止められないまま今日に至る(笑)。

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2022年11月20日

第35回2022上尾シティハーフマラソン(埼玉県)

想定外で再起戦の場となった上尾シティハーフ

出場種目: ハーフマラソン 

コロナ禍突入で、2019年以来約3年ぶりとなる上尾への参戦。本来なら記録を狙うために参加していた大会だったが、まさかのコロナ陽性判定を獲得して、11月の2大会(流山、坂東将門)もすっ飛ばすハメとなり、約2週間ジョグすらまともにできないまま大会当日を迎える破天荒マラソン人生(笑)。その時点で、もはや記録云々よりも、無事完走を目標にして大会に臨む現実的な目標への切り替え予定だったが、レース当日はとても病み上がりの人間の走りとは思えないような走りで、なんとかギリ90分ギリはクリアできそうな勢いだったが、途中でOPPでトイレに駆け込み3分弱の痛恨タイムロス(笑)。それでも91分フラットで無事完走できたので、上出来な内容でレースを終えることができた。大会当日は気温13度位でときおり小雨が降りしきる状態でコースは比較的フラットだから、記録を狙うには好条件が揃っていたレースだったと思い、そこに絡めなかった自分が悔しい(笑)。来年こそはベストな状態で参加して、記録更新を狙いたい!

このレポートは参考になった

2

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア B
会場
  • 会場へのアクセス B
  • スムーズな誘導、受付 B
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 D
  • 感染症対策 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース B
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 A
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

85.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション C
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 C
大会特色ポイント
3.7 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

コースは走り易い設定だが、荷物預かりとトイレ渋滞問題という2大問題が大きく立ちはだかる(笑)。

アッキー さん 2022年11月22日 21時43分

このレポートは参考になった

2

アッキー さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 76.2点 第40回いぶすき菜の花マラソン (鹿児島県) 参加者7千人以上
2 67.4点 第41回瀬戸内海タートル・フルマラソン全国大会 (香川県)
3 60.4点 第24回木曽三川マラソン (岐阜県)
4 55.3点 第20回石垣島マラソン (沖縄県)