レポーター情報

hiroa

全投稿件数 46
全参考になった数 22
「参考になった」指数
ニックネーム hiroa
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2022年10月16日

東京レガシーハーフマラソン2022(東京都)

国立競技場都心の公道を走れる数少ないレースを満喫、だが。

出場種目: ハーフマラソン 

トータルで2万円の参加費は高いと感じた。競技場の使用料が高いのか。参加賞は寂しいものだった。
都心を走れるMINATOハーフの方が満足感がある。事前のアナウンスや準備が煩雑。当日の手荷物チェック。ゼリー処分は何処にも記載がない。手荷物に入れず服のポケットに入れたらボディチェックがないためスルー。何の目的?テロ?コロナ?施設や公道を汚さないため?不明だ。因みに給水所でゼリーの支給なし。スポンジなど不要。フィニッシュして1箇所しかない競技場入口前にスプレーのサービス。スポンサーで優遇されているのか?混雑を招き場所が悪い。違う場所から中に入ったが、ここでも、一度出たら入れません!と叫んでいた脇をスルー。
更衣室がないのは仕方がないが、もう少し場所を確保してほしい。結局、入れないはずのスタンドが開放されていたが。EXPOに行った際、ボランティアの方々が顔合わせなのか大勢固まっているのを見かけた。それも国立競技場の表示の真ん前だ。写真も撮れやしない。全般的に一体誰のために、何のためにやっているのか、疑問符がつく運営だった。この参加費でこの運営なら今回だけで充分。

このレポートは参考になった

4

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 C
  • 参加料に見合った大会 D
  • スタッフ、ボランティア B
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 B
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 C
  • 感染症対策 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 B
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 C
  • 充実した年代別表彰 C
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 D
  • 大会HPの更新 D

51.3

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 B
  • 会場の盛り上がり D
  • 特色あるエイドステーション D
  • 参加賞のオリジナリティ C
  • エコ、環境保護 C
  • 大会独自の取り組み、地元色 D
大会特色ポイント
2.0 pt

■大会のおすすめポイント

hiroa さん 2022年10月18日 16時18分

このレポートは参考になった

4

hiroa さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.5点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
2 93.0点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
3 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
4 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
5 91.3点 鹿児島マラソン2024 (鹿児島県) 参加者7千人以上