レポーター情報

hide

全投稿件数 123
全参考になった数 47
「参考になった」指数
ニックネーム hide
性別
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 5
自己ベスト 10km:35分39秒・非公認 (36分35秒:某レースの10km・公認レース)  
20km:1時間13分33秒・公認レース
ハーフマラソン:1時間17分41秒(非公認) 1時間18分08秒(公認)
(30km:1時間56分46秒:某レースの30km・公認レース。)
フルマラソン:2時間48分39秒・公認
ランニング趣向性 フルマラソンタイム狙い派
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2022年10月16日

東京レガシーハーフマラソン2022(東京都)

憧れのコースでした

出場種目: ハーフマラソン 

往年の東京国際マラソンやMGCで使われたコースに準じたコースで、特に靖国通りの復路の登りが走れることを楽しみにしていました。しかし、多くの選手が苦しんだところでもあるので心配もしていました。
新国立競技場発着、さらにトラックに入れるということで他ではなかなか出来ない体験でした。しかし、トラックへの道のりがあのように長い地下道を通ることは想像もしておらず若干戸惑いましたが、トラックに出ると高揚感に変わりました。
序盤から外苑西通りのアップダウンでビックリしましたが、その後は東京マラソンでも走っていたコースでしたので順調に進めました。心配していた登り坂は思ったよりも緩やかで極端なペースダウンもなく走りきりました。天候もマラソン向きであったこともあり、大崩れしないレースになりました。

このレポートは参考になった

0

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 B
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 B
  • 感染症対策 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

93.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション A
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
大会特色ポイント
5.0 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

東京マラソンが変わってこなかったことを踏まえると、前日までの受付が来年以降も必要と思われます。
コースは市ヶ谷までの下りが終わるとフラットになるので、そこから15kmぐらいを落ち着いて走って、最後のアップダウンに備えてください。なおラストはかなり先まで回り込んで競技場内に入りトラックを3/4周するので国立競技場の前まで来ても気を抜かないでください。

hide さん 2022年11月2日 7時25分

このレポートは参考になった

0

hide さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 81.5点 第70回勝田全国マラソン (茨城県) 参加者7千人以上
2 80.5点 第43回館山若潮マラソン (千葉県) 参加者7千人以上
3 78.3点 第71回 別府大分毎日マラソン大会 (大分県)
4 76.3点 第40回いぶすき菜の花マラソン (鹿児島県) 参加者7千人以上
5 68.2点 第41回瀬戸内海タートル・フルマラソン全国大会 (香川県)